教育ICT用語

日本数学オープン11/15開催…参加資格は「数学が好き」

教育・受験 学習

日本数学オープン
  • 日本数学オープン
  • 日本数学オープン
  • 日本数学オープン
  • 日本数学オープン
  • 日本数学オープン
  • 日本数学オープン公式HP
 日本数学検定協会は11月15日(土)に開催される「第5回日本数学オープン(社会人数学選手権大会)」の申込み受付を開始した。参加費は無料。数学が好きであれば、年齢を問わず誰でも参加可能だ。

 この大会は、数学に自信のある社会人や大学生を中心に3人1組のチームで、同協会が出題する数学の問題や課題に挑み、数学力を競うという、数学を味わい、楽しむことのできる生涯学習イベントだ。今回で5回目の開催となる。

 参加資格は「数学好きであること」。参加方法は、最初から3チームで参加することはもちろん、当日、参加者同士でチームを組むことも可能だ。過去の大会では、銀行や電機メーカー、生命保険会社に勤める社会人をはじめ、小学生から大学生まで老若男女が集ったという。

 競技内容は、筆記形式の出題のほかに、2組のチームで混成チームを作って数学の問題を解く競技や、あらかじめ提示した数学に関するテーマについて、2チーム対抗でプレゼンテーションを行う競技など、工夫を凝らし、「考える楽しさ」を実感できるものとなっている。

 チームで数学問題に挑むため、単に個人が問題を解くだけでは勝ち抜くことができない。仲間と協力し、効率よく問題に取り組むため、指導力やチームワークを含めた総合的な数学の力が試される。

 参加申込みは、日本数学オープンの公式ホームページから可能。受付締め切りは10月31日(金)まで。ホームページでは、競技の流れや大会ルール、過去大会のようすも確認できる。

◆第5回 日本数学オープン(社会人数学選手権大会)
日時:2014年11月15日(土)10:00~17:00
会場:科学技術振興機構 別館ホール(東京都千代田区)
参加費:無料
参加資格:数学が好きであること(年齢不問)
参加人数:1チーム3人(定員30チーム)
特別審査員:横浜国立大学教授 根上生也氏
 サイエンスナビゲーター 桜井進氏
主催:日本数学検定協会
共催:科学技術振興機構
申込方法:日本数学オープン公式ホームページから申込み。
申込締切:10月31日(金)

<競技内容>
・第1戦(前半)
形式:筆記形式
出題数:20問
制限時間:60分
出題レベル:実用数学技能検定2級程度

・第1戦(後半)
形式:混成チームによる対抗形式
出題数:1問
制限時間:30分
出題レベル:数学を駆使した難易度の高い複合問題

・第2戦
形式:2チーム対抗プレゼンテーション
制限時間:各組10分
プレゼンテーションテーマ:
1.恋愛のアルゴリズム
2.美しい曲線の方程式
3.世界を平和にする方程式
4.お金儲けの方程式
5.おもしろい数列の漸化式

・敗者復活戦
形式:筆記形式
制限時間:30分
出題レベル:実用数学技能検定準1級程度

・決勝戦
形式:6チーム対抗プレゼンテーション
《小林瑞季》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック