教育ICT用語

みんなで電気と笑顔をつくるソニー「ニコニコ発電ワークショップ」12/20より

教育・受験 その他

ニコニコ発電ワークショップ内で撮影した画像
  • ニコニコ発電ワークショップ内で撮影した画像
  • ワークショップの体験内容
  • ソニー・エクスプローラサイエンス
  • コートジボワールでのワークショップの様子
 ソニーは、電気ができる仕組みを体験できる「ニコニコ発電ワークショップ」を12月20日から23日および27日から30日の期間、体験型科学館「ソニー・エクスプローラサイエンス」(東京都港区)で開催する。参加は無料。事前申込不要。

 「ニコニコ発電ワークショップ」では、サッカーボールにみたてた円卓形状の発電機をみんなで回して発電。協力し合った仲間が肩を組み、発電機中央に仕込まれたカメラを囲み、発電で得られたエネルギーで撮影するというもの。今年6月、国際協力機構(JICA)とソニーがコートジボワールで開催したサッカーのパブリックビューイングで実施され、たくさんの子どもたちに発電の仕組みを学ぶ機会を提供したという。

 当日は、ニコニコ発電機を開発したソニーの「ニコニコ発電製作委員会」のメンバーがワークショップの指導にあたる。また、参加者には、ワークショップ内で撮影したソニー・エクスプローラサイエンスのロゴ入りのオリジナル写真をプレゼントする。

◆ニコニコ発電 ワークショップ
開催日:12月20日(土)~23日(火)、27日(土)~30日(火)
開催時間:11:00~19:00
会場:ソニー・エクスプローラサイエンス 内「スタジオSES」(東京都港区)
参加方法:事前申込不要
参加費用:無料
※常設展示エリアは、大人(16歳~)500円・小人(3~15歳)300円・2歳以下無料
《水野こずえ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック