教育ICT用語

ベネッセ、絵本の読み聞かせをテーマにシンポジウム…大阪で12/21

教育・受験 その他

シンポジウムの案内
  • シンポジウムの案内
  • 登壇者のプロフィール
 ベネッセは12月21日(日)に「自ら、未来を切りひらく力」を育む教育シンポジウム「豊かな感受性を育み、学びに向かう力を伸ばす絵本の読み聞かせとは?」をグランキューブ大阪で開催する。参加費は無料で、事前申込みが必要。

 シンポジウムのテーマは「絵本の読み聞かせ」。ベネッセ教育総合研究所の高岡純子氏が講演するほか、教育評論家の親野智可等先生や、毎日放送アナウンサーの関岡香氏、絵本・童話作家のきむらゆういち先生が登壇する。また、毎日放送アナウンサーの「絵本の読み書かせ」も実演する。

 幼児向けの休憩・キッズスペースを用意しているので、親子で一緒に参加できる。午前と午後の2部制となっており、午前は0~3歳向け、午後は4~6歳向けとなっている。参加者には、今後の学び・子どもとの関わり方のヒントがつまった、子どもに役立つ「まなび・未来ノート」をプレゼントする。

◆シンポジウム「豊かな感受性を育み、学びに向かう力を伸ばす絵本の読み聞かせとは?」
日程:12月21日(日)
時間:10:00~11:30(開場9:30)、13:30~15:00(開場13:00)
会場:グランキューブ大阪(大阪府大阪市北区中之島5-3-51 )
対象:午前の部は0~3歳の幼児と保護者、午後の部は4~6歳の幼児と保護者 ※それぞれの対象以外の方も参加可能
募集人数:各回300名
締切:満席になり次第受付終了
参加費:無料
申込方法:電話または申込みWebフォームより予約する。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top