リセマム6周年

【夏休み】親子で行きたい恐竜イベント5つ…最新技術やこだわり展示

趣味・娯楽 その他

恐竜ショーやパネル展示(東京都港区/お台場)
  • 恐竜ショーやパネル展示(東京都港区/お台場)
  • メガ恐竜博
  • ダイノワールド2015 ヨコハマ恐竜博
  • DINO-A-LIVE in ふくい勝山2015
  • 恐竜ワールド in 名古屋
  • DINO-A-LIVE
 各地で恐竜をテーマにした催しが行われている。2015年は、8月5日から映画「ジュラシックワールド」が公開されたことも手伝い、子どもたちの「恐竜熱」が高まっていそうだ。リセマムで紹介した恐竜イベントを、まとめて紹介する。

◆恐竜ショーやパネル展示(東京都港区/お台場)8/31まで
 360度トンネル型の屋外プロジェクションシステム内で行われる「恐竜と遊ぼう!タッチdeジュラ紀」では、人の動きを感知し映像が動く最新の技術を公開。眠っているトリケラトプスに触れると起きて動き出すなど、恐竜の迫力満点な姿が楽しめる。期間中は抽選でプレゼントが当たる恐竜スタンプラリーも開催されている。同時に、映画「ジュラシック・ワールド」公開を記念したパネル展も行われる。
http://resemom.jp/article/2015/06/26/25397.html

◆メガ恐竜展2015(千葉県千葉市/幕張)8/30まで
 日本初公開となるトゥリアサウルスの復元骨格が見もの。竜脚類研究の第一人者、ボン大学のマーティン・サンダー教授による最新の研究成果の紹介や、クジラやマンモスなど巨大生物の展示も行われている。そのほか、エウヘロプス、ライスロナックスの全身骨格も日本で初めて公開している。
http://resemom.jp/article/2015/05/25/24717.html

◆ダイノワールド2015 ヨコハマ恐竜博(神奈川県横浜市)8/31まで
 「トルボサウルス」の全身骨格を世界で初めて公開するほか、「白亜紀の恐竜王」であるティランノサウルス“ティンカー”の実物全身骨格が日本初公開となる。モササウルスやブラキオサウルスが全身骨格や復元恐竜ロボットで展示されているなど、迫力のある展示が多数。アトラクションやお祭り屋台が並ぶ縁日エリアや、本物化石クリーニング体験のできるコーナーも用意されている。
http://resemom.jp/article/2015/08/13/26318.html

◆DINO-A-LIVE in ふくい勝山2015(福井県勝山市)8/24
 世界初とされる体験型恐竜ライブ「DINO-A-LIVE」。勝山市民会館で行われるふくい勝山公演では、ラプトル、アロサウルス、ティラノサウルスが出演する。本物そっくりの質感の恐竜たちが、目の前でまるで生きているかのように動き回るという。ライブ所要時間は25~30分。同ライブは、福井県のほか東京都や神奈川県でも公演を行った。
http://resemom.jp/article/2015/07/09/25680.html

◆恐竜ワールド in 名古屋(愛知県名古屋市)8月15・16日
 展示を「眺める」だけで終わらないという、参加型の恐竜博。展示は、自動で唸り、動き、吠える恐竜模型を展示する。全長7メートルのティラノサウルスや、全長9メートルのアパトサウルスが目の前で動くリアルな恐竜展示を楽しめる。そのほか、恐竜時代へタイムスリップする3Dシアターや、恐竜の進化について学べるパネル展示も企画されている。
http://resemom.jp/article/2015/07/02/25503.html
《佐藤亜希》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)