教育ICT用語

日本・世界で活躍する理系女子を育てる、お茶大でシンポジウム8/29

教育・受験 その他

理系女性教育開発共同機構
  • 理系女性教育開発共同機構
  • シンポジウム詳細
 理系女性教育開発共同機構は、8月29日、女性の理系進路選択や社会での活躍について考えるキックオフシンポジウム「地域~日本~世界で活躍する、多くの理系女性を育てるために ~みんなで考えよう~」をお茶の水女子大学にて開催する。

 理系女性教育開発共同機構は、奈良女子大学との共同機構として発足した団体。理系進路選択の可能性の拡大や、魅力的な理数教育の創造、理系女性リーダーの育成、グローバル化の促進に向け、各大学でのシンポジウムやイベントなどを開催している。

 同シンポジウムは、女性の理系進路選択の促進や、理系へ進んだ女性が社会で活躍するためにどのような方策がとれるのかについて、さまざまな専門分野の方の講演やパネルディスカッションを通して、参加者全員で考えていくことを目的とした一般向けの公開シンポジウム。

 講演では、文部科学省 科学技術・学術政策局長の川上伸昭氏による「リケジョの現状と期待」、愛媛大学教育学部の隅田学教授による「21世紀型科学研究スタイルと女性の科学才能」、日本数学教育学会名誉会長の澤田利夫氏による「学力の男女差について」が行われるほか、同3名とお茶の水女子大学附属中高の教諭が参加してのパネルディスカッションが行われる。

 参加は無料、事前の申込みが必要となっており8月24日までメールまたはFAXにて受け付けている。なお、当日シンポジウム閉会後、会費3,000円にて懇親会の開催も予定されている。

◆キックオフシンポジウム「地域~日本~世界で活躍する、多くの理系女性を育てるために ~みんなで考えよう~」
日時:2015年8月29日(土)14:00~17:20
会場:お茶の水女子大学 理学部3号館7階701
定員:180名
参加費:無料
申込方法:Webサイトにある申込みフォームを使用し、メールまたはFAXにて申し込む
申込締切:8月24日(月)
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら