教育ICT用語

東京で学ぶ京大の知、家族に関し教授4名が講演

教育・受験 学校・塾・予備校

東京で学ぶ 京大の知
  • 東京で学ぶ 京大の知
  • 京都大学
 京都大学は、京都大学東京オフィスにて連続講演会「東京で学ぶ 京大の知」シリーズ19「『家族』はどこに行く?」を10・11月に全4回開催する。各回とも、定員は100名。参加費は無料で、事前に参加申込みが必要。

 「東京で学ぶ 京大の知」は、東京地区において京都大学の研究成果を発信することを目的とする連続講演会。毎回定められたテーマに沿って、京都大学の教員4名がそれぞれ1時間半の講演を行う。過去に取り扱ったテーマは、「変動する社会と激変する自然災害」「社会に浸透する情報技術」「教育を考える」など。

 シリーズ19回目となる「『家族』はどこに行く?」は、10月14日の第1回から11月4日までの全4回。第1回は国際高等教育院教授の小山静子氏、第2回は文学研究科教授の伊藤公雄氏、第3回は教育学研究科教授の岩井八郎氏、第4回は公共政策連携研究部の久本憲夫氏が講演を行う。各回のプログラムは、第1回「教育家族のゆくえ―愛護され、教育される子どもたち―」、第4回「ワーク・ライフ・バランス―家族の問題、それとも社会の問題?―」など。

 参加費は全回無料。参加希望の場合は、事前にWebサイトまたはFAXにて申し込む。全4回のシリーズだが、1回のみの申込みも可能。申込み締切りは、全4回ともに10月5日。参加可能な者にのみ10月9日までに同大学から受付番号が発行される。申込者多数の場合は抽選が行われる。

◆「東京で学ぶ 京大の知」シリーズ19「『家族』はどこに行く?」
日時:
第1回 10月14日(水)
第2回 10月21日(水)
第3回 10月28日(水)
第4回 11月4日(水)
場所:京都大学 東京オフィス(東京都港区)
参加費:無料
対象:誰でも参加できる
定員:各回100名
申込み:Webサイト申込みフォーム、またはFAXで申し込む
申込み締切り:10月5日(月)
《佐藤亜希》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら