リセマム6周年

不要の書籍は奨学金に…明大「本棚募金」実施

教育・受験 その他

明治大学「本棚募金」
  • 明治大学「本棚募金」
  • 明治大学
 不要になった書籍などを提供し、その買取金額が明治大学生の奨学金となる「本棚募金」プロジェクト。「本棚募金」では9月15日から10月15日申込み分まで、買取査定額が通常より2割アップとなる秋のキャンペーンを実施する。

 「本棚募金」は、不要になった本・DVD・CD・ゲームソフトが、明治大学の学生の奨学金となるプロジェクト。提携会社のVALUE BOOKS(バリューブックス)による買取金額が、明治大学未来サポーター募金の奨学サポート資金へ寄付される仕組みとなっている。2012年1月から募集を開始し、2015年7月までの申込累計額は1,080万円を超えるという。

 申込みの際は、自宅で提供する書籍などを段ボールに詰め、「本棚募金」公式ホームページまたはVALUE BOOKSへの電話にて申し込む。一度の申込みで5点以上提供すれば、送料は不要。本棚募金の趣旨に賛同する人なら誰でも利用できるが、18歳未満の場合は保護者が申し込む必要がある。値段がつかなかった書籍は、国内の小中学校の図書館や海外の研究機関に寄贈(ブックギフトプロジェクト)される。

 「本棚募金」への申込方法や発送などの詳細は、「本棚募金」公式ホームページで確認できる。

◆「本棚募金」秋のキャンペーン
実施期間:2015年9月15日(火)~10月15日(木)申込み分まで
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)