リセマム6周年

Officeソフトを利用した指導方法、先生向け無料説明会11/6-7

教育ICT 先生

日本情報処理検定協会 平成27年度秋季説明会
  • 日本情報処理検定協会 平成27年度秋季説明会
  • 講習内容プログラム
  • 日本情報処理検定協会
 日本情報処理検定協会は、11月6日、7日の2日間、教育関係者を対象としたOfficeソフトの指導方法説明会「平成27年度秋季説明会」を開催する。会場はTKP東京駅八重洲カンファレンスセンター。参加費は無料となっている。

 説明会は、2日間で5講座設けられており、参加者それぞれがパソコンを操作しながら、Microsoft Officeやホームページ・ビルダーを使った解き方や基準を学ぶ。各講習には質問コーナーもあり、指導法や疑問点などを個別に質問することもできるという。当日使用するパソコンは、日本情報処理検定協会がすべて用意する。

 11月6日は、「日本語ワープロ検定試験・パソコンスピード認定試験」と「文書デザイン検定試験」の2講座を開催。前半は、ビジネス文書の仕組みの説明とWord機能を活用した文書作成方法を、後半は、Wordの機能を使用したチラシや広告の作成方法を受講する。

 11月7日は、「表計算・データベース」「プレゼンテーション作成検定試験」「ホームページ作成検定試験」の3講座を開催。表計算・データベースでは、Excelでの表計算ソフトの使い方やAccessでのデータベースソフトの使い方を受講。プレゼンテーション作成では、PowerPointでプレゼンテーション資料の作り方を、ホームページ作成では、ホームページ・ビルダーを使用した見やすいホームページの作成方法を受講。いずれも実際の問題を利用して講習を行うため、実践を兼ねた講習を受けることができる。なお、各講習ともに検定試験2級までの内容となっている。

 2日間のうち、興味のある講習のみの参加も可能。参加対象は教育関係などに従事する指導者で、各講習の定員は50名程度を想定している。申込みは、日本情報処理検定協会ホームページの申込専用フォームにて受け付けている。

◆日本情報処理検定協会 平成27年度秋季説明会
日時:11月6日(金)13:20~16:40、11月7日(土)9:30~14:40
会場:TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター
対象:教育関係などに従事する指導者
参加費:無料
申込方法:日本情報処理検定協会ホームページの申込専用フォームにて申し込む
《畑山望》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)