教育ICT用語

教育支援にも活用、インテルが超小型・低消費電力の開発ボード発表

教育ICT その他

インテル
  • インテル
  • インテル
 インテルコーポレーションとArduino(アルドゥイーノ)の創業者は10月16日、初心者のメーカーや教育現場での利用に最適な手頃な価格の学習・開発ボード「Arduino101」を発表した。「Arduino101」は、超小型で低消費電力なインテルCurieモジュールを搭載した初の一般向け開発ボード。

 Arduino101(米国での製品名)/Genuino101(米国以外での製品名)は、インテルCurieモジュールの高い性能を活用したネットワーク接続やコンピューティング能力を備えたテクノロジー製品の試作にも利用できる、使いやすく基礎的な実習に最適な開発ボード。スマートデバイスやインターネットに接続可能なデバイスを開発することもでき、初心者などが使用するマイコンボードと同等の価格で提供されるという。

 また、新たにArduinoのオープンソースの電子プラットフォームに加わることで、無償で利用可能なハードウェア・デザイン、外部の拡張コンポーネントを提供する広範なエコシステム、ソフトウェアのプログラミング環境を兼ね備えるため、誰でも簡単にインタラクティブな製品を作ることができる。

 Arduino101(Genuino101)は、Arduinoが開発、試験を行った小学生・中学生向けの世界初の公式なフィジカル・コンピューティングコース「Creative Technologies in the Classroom(CTC)」にも採用される予定。CTCは学生がプログラミング、電子工学、機械工学の基礎を学ぶために必要なツールやサポートなどを教育機関に提供しているという。インテルは、今後数年間で世界中の学校にCTCのプログラムを普及させることを目標にArduinoと協力し、Arduino101(Genuino101)を教室に導入することで次世代の技術プロフェッショナル、起業家、イノベーターを育成したいとしている。

 Arduino101(Genuino101)は、2016年第1四半期より提供開始予定。希望小売価格は、30 米ドル(税別)。米国では「Arduino101」の製品名で、米国以外の国と地域では「Genuino101」 の製品名で販売される予定。
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)