教育ICT用語

【高校受験2016】都立高のマークシート、練習問題&解答用紙サンプル公開

教育・受験 中学生

 東京都教育委員会は11月16日、平成28年度都立高校入学者選抜のマークシート方式問題の出題形式点等に関するリーフレットや、マークシート方式練習問題・サンプル解答用紙を公開した。

 東京都教育委員会は、都立高等学校入学者選抜における学力検査の採点に多くの誤りがあったことを受け、平成27年度入試からモデル実施校にて「マークシート方式」による入試を実施。検証の結果、採点誤りの防止に効果があることがわかり、平成28年度入試から共通問題による学力検査を実施するすべての高校で「マークシート方式」が導入されることとなった。

 リーフレット「『サンプル解答用紙』を使って都立高校入試に向けた準備をしましょう!」では、数学におけるマークシート方式解答用紙の注意点を掲載。数学のマークシート方式の問題では、選択肢の中から選んだ記号についてマーク欄を塗って解答する問題と、指定された枠に入る数字についてマーク欄を塗って解答する問題の2種類がある。また、表面と裏面の両面に解答欄があることにも注意する。

 また、リーフレットには、マークシート方式を導入しない島しょの高校や特別措置における学力検査についても掲載されている。島しょの高校のほか、グループ作成校(第1次)の国語・数学・英語、国際高校(第1次)の英語、定時制自校作成校の国語・数学・英語で、マークシート方式でない学力検査を行う。マークシート方式でない場合は、これまでと同様に解答欄に書いて答えることになる。

 リーフレットとあわせて、平成27年度入試の学力検査をもとに作成された「マークシート方式練習問題」と、マークシート方式の「サンプル解答用紙」も公開されている。解答の仕方を確認するとともに、マーク欄の塗り方も練習することで、マークシート方式による入試に向け準備できる。

 リーフレットは都内公立中学校の3年生を対象に配布され、教育委員会Webサイトでも公表されている。
《黄金崎綾乃》

編集部おすすめの記事

特集

page top