教育ICT用語

【就活】早い動きより落ち着いた準備を…2017年卒の就職活動

教育・受験 大学生

2017年卒の就職活動
  • 2017年卒の就職活動
 2015年卒の就職活動までは4月に採用選考開始だったものが、2016年卒では8月開始に変更され、2017年卒では6月に変更されました。

<採用選考開始>

2015年卒まで 4月開始
2016年卒 8月開始
2017年卒 6月開始

 経団連による2年連続の変更により、2016年卒の学生や企業からは不満が噴出しました。これまでは、経団連の意向に大手企業が足並みを揃えていましたが、ここにきてもう協定には従わないと言い出す企業がいるなど、波紋を呼んでいます。

 こういった混沌とした状況において、2017年卒の就職活動生は大きな不安を抱えているようです。毎日のように「今年は早く動かないとまずいですよね?」といった質問が寄せられるので、それらに対しての回答の意味も述べたいと思います。

 毎年の就職活動を定点観測していると、学生の多くのは「漠然とした不安」から「早く動かないと!」と思っているように思います。こういった不安は、主に就活スケジュールが変更される度に増幅するようで、特に具体的な根拠が無い場合が多いです。不安に駆られて闇雲に動き出してはみたものの、特に成果が得られずに、そのまま本選考に突入という事になります。

 そのため、例年のように「今年は早く動いた者が勝つ!」という論調が不安により誇張されますが、今年だけ特に早く動くべきということはないように思います。早く動き始めること自体は、悪いことではないのでどんどん動いて優位性を得るべきでしょう。しかし、それは今年に限った話ではなく、これまでの年次においても同様でした。もし、17卒の学生が選考開始時期の変更による不安から、早く動き出そうとしているのであれば、落ち着いて何をすべきかを考えてみることをお勧めします。

インターンシップ→エントリーシート→筆記テスト・WEBテスト→グループディスカッション→面接→内定
※企業により順序は異なります

上記のフローは今年も変わらない上、採用基準が極端に変化することもありません。面接開始のタイミングが2か月早まった分、対策を始めるのを2か月早めれば良いだけです。それこそ、2015年卒以前の学生は4月解禁でしたが、大半の学生が動き出すのはやはり年明けの1月からでした。採用開始時期の変更に惑わされず、就職活動生がやるべきことに大きな変化は無いので、落ち着いて着実に準備を進めて欲しいと思います。

「早く動き始めた方が良いですね?」2017年卒の就職活動

《My Career Center スタッフ@My Career Center web》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック