リセマム6周年

1袋1円を義援金へ…南相馬市の子どもたちと商品開発

生活・健康 その他

岩塚製菓『バタしょっと』
  • 岩塚製菓『バタしょっと』
  • 岩塚製菓『ふわっと やわらかえび味』
全品国産米100%の岩塚製菓株式会社(新潟県長岡市)は、2月8日より、南相馬市の子どもたちと商品開発をした『バタしょっと』を全国で販売する。『ふわっと やわらかえび味』とともに、2月8日~3月末までの販売数1袋につき1円を義援金として拠出する。

東日本大震災後の2011年7月、岩塚製菓では「明日へつなごう」プロジェクトを立ち上げ、福島県南相馬市を中心に支援を続けている。

2011年6月には、プロジェクト発足のきっかけとなる、「揚げたてちゃん号」による被災地訪問を開始し、2012年1月まで7回、南相馬市立小学校全16校(児童数1615名)を対象に実施した。

この活動が発展し、2012年6月より、「作るぞ!元気なおせんべい授業」を開始。南相馬市立大甕小学校、太田小学校の6年生の児童32名とともに全5回の体験学習を実施した。

商品開発を通じて、子どもたちの夢を応援したいという岩塚製菓の思いと、商品を通じて、地元に戻れずにいる仲間や全国のお客様に元気を届けたいという子どもたちの思いがカタチになり、2013年2月に『バタしょっと』が誕生した。子どもたちが「家族みんなで食べてほしい」という思いをカタチにした。またパッケージには、中学を卒業し、希望を胸に新しい道へ歩み出す子どもたちの笑顔を載せた。

岩塚製菓では、2013年発売の『バタしょっと』から継続して、売り上げの一部を、東日本大震災の義援金として拠出してきました。このたび発売する『バタしょっと』ならびに、『ふわっと やわらかえび味』では、1袋につき1円を、「南相馬市みらい夢義援金」へ届ける。

1袋1円を義援金へ拠出…南相馬市の子どもたちと作った『バタしょっと』

《編集部@ActionJapan》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)