教育ICT用語

“桃の節句”の和菓子、テーマは「春遊踏青」(しゅんゆうとうせい)

生活・健康 その他

鈴懸「桃の上生菓子“西王母(せいおうぼ)”」(税込378円)、笹屋伊織「草餅」(税込270円)
  • 鈴懸「桃の上生菓子“西王母(せいおうぼ)”」(税込378円)、笹屋伊織「草餅」(税込270円)
  • かんら「雪下よもぎ餅」(税込186円)
  • 向じま 志”満ん草餅(むこうじま じまんくさもち)「志”満ん草餅」(餡入り4個、餡なし3個、計7個入り/税込1,181円)
  • 笹屋伊織「草餅」(税込270円)
  • 叶匠壽庵(かのうしょうじゅあん)「草の餅」(3個 税込648円)
  • 鈴懸「草餅」(税込195円)
  • 鈴懸「桃の上生菓子“西王母(せいおうぼ)”」(税込378円)
  • 茂木一◯香本家「桃かすてら」(税込648円)
厳しい寒さに身を縮めながらも、暦の上では春を迎えようとしている。伊勢丹新宿店の地下食品フロアでは、春の訪れにふさわしい、“桃の節句”にちなんだ和菓子をラインアップしている。

桃の節句は、女の子らしいピンク色の桃菓子をイメージしやすいが、今年の伊勢丹新宿店では「春遊踏青」(しゅんゆうとうせい)をテーマに掲げ、草餅にフィーチャーしている。

古来中国では、旧暦の3月3日を“上巳の日”といい、上巳の節句には春の訪れと健康な暮らしを喜び祝って、青草を踏んで野遊びをしたといわれる。桃の花が咲く時期と重なることから“桃の節句”とも呼ばれ、草餅や桃菓子など自然に由来する食べ物を口にして、自然の生命をもらうことで厄災を払うと考えられていたという。

叶匠壽庵(かのうしょうじゅあん)からは、香り高いよもぎの入った近江羽二重のもち米で、大納言小豆のつぶ餡を包んだ「草の餅」(3個入り 税込648円)が登場。好みで黒豆きなこをふりかけて、アレンジもできる一品だ。向じま志”満ん草餅(じまんくさもち)は、「志”満ん草餅」が柔らかく香り豊かな草餅を、餡入り・餡なしの詰め合わせ(餡入り4個、餡なし3個、計7個入り 税込1,181円)で用意されている。

かんらの「雪下よもぎ餅」(税込186円)は、山形県の出羽三山の山麓で摘み取ったよもぎが使用されている。鈴懸の「草餅」(税込195円)、笹屋伊織の「草餅」(税込270円)は、共に蛤の形で形成。

また、見た目にも季節感を感じられる饅頭やムースを使った洋菓子、桃のお菓子も種類豊富に取りそろえ、売場はさらに賑わいが増している。若草や桃にちなんだ甘味で、一足早く春の到来が味わえそうだ。

新宿伊勢丹、“桃の節句”の和菓子は「若草色」を新提案!

《畑 麻衣子》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)