リセマム6周年

【高校受験2016】山口県公立高校の志願登録状況・倍率(2/17時点)…徳山理数1.6倍、下関西1.1倍

教育・受験 中学生

志願登録状況
  • 志願登録状況
  • 学校別の志願登録状況(一部)
  • 登録倍率の高い学校・学科・コース
 山口県教育委員会は2月17日、平成28年度山口県公立高等学校第一次募集の志願登録状況や倍率について発表した。全日制の志願登録者数は8,095人で、登録倍率は1.29倍。登録倍率がもっとも高いのは、山口農業(生物生産)で3.9倍となった。

 第一次募集は、2月12日~2月17日午前10時まで志願登録を受け付けた。出願期間は2月22日~2月25日午前10時までとなっている。全日制の志願登録状況は、第一次募集の定員6,278人に対して登録者数8,095人、登録倍率1.29倍であった。

 登録倍率を学校別に見ると、山口農業(生物生産)が3.9倍ともっとも高く、ついで岩国工業(システム化学)3.3倍、山口農業(生活科学)3.1倍、南陽工業(機械システム)2.9倍、小野田工業(機械)2.8倍と続いた。

 そのほか、徳山(普通)0.7倍・(理数)1.6倍、山口(普通)1.2倍・(理数)2.0倍、宇部(普通)1.5倍、下関西(普通)1.1倍・(理数)0.8倍、岩国(普通)1.0倍・(理数)1.8倍など。

 学力検査は3月8日に実施、合格発表は3月16日午前10時に行われる。
《畑山望》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)