教育ICT用語

海外トップ大進学塾「RouteH」、ハーバード大生と交流する高校生募集

教育イベント 高校生

RouteH「ハーバード大生・院生と日本の高校生との交流会」
  • RouteH「ハーバード大生・院生と日本の高校生との交流会」
  • プログラム(3月13日)
  • プログラム(3月16日)
 ベネッセが運営する、海外トップ大進学希望者向けの進学塾「RouteH(ルートエイチ)」は、ハーバード大生らと日本の高校生との交流会を3月13日と3月16日に開催する。参加者募集は3月12日まで。

 2008年5月に開校したRouteHは、海外トップ大学への進学希望者向けの進学塾。中学1年生~高校3年生を対象に、少人数制の指導を行っている。これまでに、ハーバード大学やイェール大学、マサチューセッツ工科大学などへの進学実績がある。

 ハーバード大生らとの交流会は、グローバルな活躍を志す高校生のモチベーションアップを図ることが目的。交流会はこれまでも開催されており、参加者からは好評を得ているという。

 3月13日にはハーバード大学学部生10名、3月16日にはハーバード大学ケネディスクール(公共政策大学院)生50名との交流が予定されている。交流会では、ハーバード大生から「ハーバードを志した理由、現在、そして卒業後の夢」などを聞くことができるほか、高校生とハーバード大生が海外トップ大学で学ぶ意義などを対話形式で語り合うという。

 応募できるのは、応募時に高校1年生~2年生で、海外トップ大学への進学を志望(もしくは検討)しており、かつ、TOEFL60点以上またはそれに相当する英語力がある人。3月12日まで、RouteHのフリーダイヤルで申込みを受け付けている。募集人数は40名程度。定員を超えた場合は抽選となる。

◆RouteH「ハーバード大生・院生と日本の高校生との交流会」
募集定員:各日程40名程度
応募資格:応募時に高校1年生または2年生であり、海外トップ大進学志望(または検討)しており、かつ、TOEFL60点以上またはそれに相当する英語力があること。
募集期間:2月18日(木)~3月12日(土)
応募方法:RouteHのフリーダイヤルより受付
※定員を超えた場合は抽選となる
【ハーバード大・学部生、東大生と高校生の交流会】
日時:3月13日(日)16:00~19:00(開場15:30)
場所:T’s渋谷フラッグカンファレンスセンター(Room 8I)
参加者:ハーバード大・学部生10名、東大生14名、全米トップ大進学志望の日本の高校生40名
【ハーバード大・ケネディスクール(公共政策大学院)生と高校生の交流会】
日時:3月16日(水)14:00~16:00(開場13:00)
場所:TKP赤坂駅カンファレンスセンター
参加者:ハーバード大・ケネディイスクール生50名、全米トップ大進学志望の日本の高校生40名
《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

page top

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら