リセマム6周年

体験や工作コーナー登場、JAXA調布航空宇宙センター4/24一般公開

教育イベント 小学生

 調布航空宇宙センターは4月24日、調布市と三鷹市の2会場で一般公開を開催。施設公開や最新の研究紹介のほか、体験コーナーや工作、トークイベント、スタンプラリーなどのイベントも実施する。

 調布航空宇宙センターは、JAXAの中で航空技術の研究を推進する唯一の拠点として、先進的な宇宙・航空分野の基礎・基盤技術の研究開発を行っている。施設には、風洞設備や航空エンジン試験設備、実験用航空機、スーパーコンピュータなど日本有数の大型試験設備が整備されているという。

 一般公開は2つの会場で実施し、第1会場は調布市の調布航空宇宙センター、第2会場は三鷹市の同センター飛行場分室となっている。各会場では施設公開のほか、親子で楽しめるさまざまなイベントを開催する。

 第1会場では、飛行機に働く力を模型で見たり真空実験で宇宙を体感する体験コーナーや、飛翔ペーパークラフトを作る子ども向け工作コーナーで遊ぶことができる。また研究開発職の職員が仕事や生活を紹介するトークイベントも開催する。第2会場では、超音速旅客機の大敵「ソニックブーム」の音を体感できる。

 そのほか、調布航空宇宙センターに隣接する海上技術安全研究所、電子航法研究所、交通安全環境研究所との合同のスタンプラリーも開催。4会場のスタンプを集めると記念品がもらえるという。

 なお、工作コーナーは4歳~小学生が対象で先着500名。また、体験コーナーでは一部会場で整理券を配布するものがある。

◆調布航空宇宙センター 一般公開
日時:4月24日(日)10:00~16:00(入場15:30まで)
会場:調布航空宇宙センター(東京都調布市深大寺東町7‐44‐1)、調布航空宇宙センター飛行場分室(東京都三鷹市大沢6‐13‐-1)
内容:体験コーナー、トークイベント、工作コーナー、スタンプラリー
《荻田和子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)