教育ICT用語

論理的思考力で英語に挑戦、新中1生対象お茶ゼミ体験授業4/9

教育・受験 中学生

お茶の水ゼミナール
  • お茶の水ゼミナール
  • 4月9日 特別イベントの時間割
  • Junior Master Class 通常クラスのカリキュラム
 お茶の水ゼミナール「Junior Master Class」は4月9日、中高一貫新中学1年生を対象に論理的思考力を使って英語を解く特別イベント「Active Learning English & Logical Thinking Test」を開催する。開催校舎は渋谷校で、参加は無料。

 水道橋や渋谷、池袋をはじめとする首都圏で現役生専門の大学受験予備校を展開するお茶の水ゼミナールは、東大・国公立大医学部などの国内最難関大や海外トップ大志望の中高一貫校の中学生を対象にした「Junior Master Class」を開講している。日本人講師による文法とネイティブ講師によるハイブリッドなスパイラルメソッドで、「読む・書く・聞く・話す」といった4技能をバランス良く指導する。

 お茶の水ゼミナールによると、これからの大学入試で求められるのは、聞いた英語に対して思考し、英語で要約したり、積極的に意見を述べたりする英語の4技能。4月9日には、論理的思考力を用いてこれらの英語の基礎力養成を実感できる無料特別イベント「Active Learning English & Logical Thinking Test」」を開催する。

 特別イベントのプログラムは、日本語の論理的思考力測定テストのほか、文の基礎と基本単語の発音パターンを予測したり、学んだ知識を実際に使って英語で表現する“新感覚”の授業を実施予定。参加対象者は、中高一貫校の新中学1年生。論理的思考力を用いた英語の理解に挑戦することで難関大入試に必要となる力を測り、今後どのように論理的思考力を磨いていくべきかが分かる構成になっているため、まだ本格的に英語を学んでいない生徒でも支障なく参加できる。

 論理的思考力テストの結果は後日成績表として返却され、今後の英語成績アップに役立てることもできる。お茶の水ゼミナールによると、当日の授業で学ぶ英文は新中学1年生にとって重要な内容を厳選しているため、自身の論理的思考力を把握しながら新学期で英語のスタートダッシュをかける機会としても有効活用できるという。

 特別イベント開催日には、大学入試改革を読み解く説明会も同時に実施する。急速に進む大学入試改革を受け、保護者に向けて保護者世代と様変わりしている大学入試情報を解説予定。参加は生徒、保護者とも無料で、事前にお茶の水ゼミナールWebサイトの特別テスト参加フォームから申し込む。

◆Active Learning English & Logical Thinking Test
日程:4月9日(土)15:00~16:30
場所:お茶の水ゼミナール 渋谷校
対象:中高一貫校新中学1年生とその保護者
料金:無料
申込み:お茶の水ゼミナールWebサイトの応募フォームから申し込む
《加藤ゆい》

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック