2050年の社会がテーマ、文科省「科学技術白書」絵・デザインコンクール

教育・受験 小学生

 文部科学省は11月11日、平成29年版科学技術白書表紙絵・デザインコンクールの応募要領を公表した。小中学生や中学校卒業以上の一般を対象に、「2050年の未来の社会」に関するイメージやアイデア作品を募集する。応募は平成29年2月10日必着。

 科学技術白書表紙絵・デザインコンクールは、科学技術をより身近に感じ、科学技術について関心を高める契機とすべく実施される。受賞作品は科学技術白書のほか、科学技術白書の普及に関わる書籍、パンフレット、チラシなどに利用される予定。

 作品は四つ切り画用紙サイズまたは八つ切り画用紙サイズを用い、テーマである「2050年の未来の社会」に基づく絵やイメージを作成する。色彩は自由。コンピューターグラフィックスなどを利用する場合は、紙に印刷して送付すること。

 応募は平成28年11月11日から平成29年2月10日まで、必着。Webサイトで公開されている応募票に必要事項を記載のうえ、作品の裏面に貼り付け応募先へ送付する。応募部門は小・中学生部門と一般部門のふたつ。両部門を合わせた全作品から1点を最優秀賞に選出するほか、部門ごとに優秀賞、佳作も決定予定。最優秀賞受賞作品は、平成29年版科学技術白書の表紙に採用される。

◆平成29年版科学技術白書表紙絵・デザインコンクール
応募期間:平成28年11月11日(金)~平成29年2月10日(金)必着
応募方法:Webサイトで公開されている応募票に必要事項を記載のうえ、作品の裏面に貼り付け応募先へ送付する
部門:小・中学生部門/一般部門
各賞:最優秀賞(両部門を合わせた全作品から1点)、優秀賞(部門ごとに数点ずつ)、佳作(部門ごとに数点ずつ)
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)