SAPIX・こぐま会・SMEら参画、子育て・教育支援複合施設レインボーツリー誕生

教育・受験 小学生

RAINBOW TREE 市ヶ谷
  • RAINBOW TREE 市ヶ谷
  • RAINBOW TREE 市ヶ谷
  • RAINBOW TREE 市ヶ谷
  • RAINBOW TREE 市ヶ谷
  • RAINBOW TREE 市ヶ谷
  • RAINBOW TREE 市ヶ谷
  • RAINBOW TREE 市ヶ谷
  • RAINBOW TREE 市ヶ谷
 学習・受験はSAPIXとこぐま会、音楽・英語・ダンスはヤマハ、ほかにプログラミング、ミュージカル、STEM教育などを同一施設内で受講できる、学童保育付きの子育て・教育支援複合施設「RAINBOW TREE(レインボーツリー)市ヶ谷」が2016年12月、市ヶ谷のセブンアネックスビル(旧世界文化社別館ビル・東京都千代田区九段北四丁目)に誕生する。

 「豊富な学びや体験を通して安心して成長できる場」をコンセプトに、便のよい都心の約300坪のスペースで、グローバル時代を意識する人へ向けた多様な教育コンテンツを提供していくという。

 民間学童保育(3歳~12歳)を提供するのは、東京・神奈川で「学べるアフタースクール」を展開するウィズダムアカデミーだ。

 RAINBOW TREEの発案者でウィズダムアカデミーの鈴木良和社長は「豊富な学びや体験を通して未来を担う子ども達の学びと遊びと体験の森を提供する、そんなコンセプトのもとレインボーツリープロジェクトを立ち上げました。」と語る。

 「子育てをしている共働き家族を応援するために、『保育・教育・遊び・すべてのサービスを全力でサポートしたい』という企業が、業態の枠を超えて多数集まりました。そして、その新しい形として10種類以上の習い事(英語、音楽、ダンス、プログラミング、ミュージカル、習字、そろばんなど)、幼児教室、幼稚園・小学受験、学習塾といった多様な教育サービスをワンストップで体験できる複合子育て・教育支援施設を開設。当社の役割は、未就学児から小学生のお子様を対象に送迎お食事つき預かりサービスを提供し、そのプラットホームとなることです。当施設にて多くの体験を積むことで今まで発見できなかったお子様の可能性を最大限広げます。」という。

 オープン時にはほかに、ヤマハミュージックジャパン「音楽レッスン」「英語教室」「ダンス教室」、日本入試センター(SAPIX YOZEMI GROUP)「小学生学習教室 ピグマキッズ ウィズ プリバート」、朝日新聞グループ「朝日小学生新聞」「AERA」、幼児教育実践研究所こぐま会・久野アカデミー「幼稚園受験・小学受験」、ソニー・グローバルエデュケーション「STEM教育」「世界算数大会」、ソニー・ミュージックエンタテインメント/KIDSTONE「ミュージカルプログラム(総合教育)」、キャンドルウィック「英プログラミング玩具 キュベット(Primo)」、ハレおすぎインターナショナル「ハワイ発の読み聞かせプログラム Read it LOUD!」が参画。

 同施設を中心とした半径2キロメートル以内では、送迎サービスも提供する。鈴木氏によると、自宅・学校と施設間に限らず、施設外の塾等への送迎も行う計画だという。

 今後は、幼児・小学生向けに「囲碁・将棋」「珠算」「習字」「アート&デザイン」「クラフト」「バレエ」「空手」「ヨガ」「合気道」なども提供予定で、子育て支援サービスや、語学学習や資格取得といったキャリアアップ講座など社会人向けコンテンツの提供も予定している。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)