イングリッシュセントラル、桐原書店と資本提携

教育・受験 高校生

EnglishCentral
  • EnglishCentral
  • 桐原書店
 オンライン英語学習サイト「EnglishCentral」を提供するEnglishCentral(イングリッシュセントラル)は11月30日、業務提携を結んでいる桐原書店と資本提携したことを発表した。高校英語における発話教育の充実化を目指す。

 「EnglishCentral」は、Googleの投資子会社であるGoogle Venturesの投資を受けアメリカで開発された総合英語学習サービス。1万本超の動画コンテンツとオンライン英会話を組み合わせ、Googleのグループ会社として培った技術と音声認識テクノロジーによる発音診断により、日本人が苦手意識を持つ発音練習を効果的に行うという。

 桐原書店は、英語教材や教科書、語学書だけでなく、辞書や参考書、TOEIC対策本、iPhoneアプリケーションなど一般学習者向けの教材も取り揃える出版社。代表取締役社長の斉藤智氏は、資本提携に関し「特別なことをしなくても、多大な費用をかけなくても、学校の英語の授業で、生徒が実用的な英語の4技能を無理なく身に着けられる可能性が開けてきたことに、とてもわくわくしています」とコメントしている。

 2社は今回、5月に行った業務提携の関係強化を図るための資本提携に合意。高校生がバランスよく英語力を身に付けられるよう、検定教科書に準拠した4技能型デジタル教材の提供を加速させるとしている。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)