パソコン2台を1台で共有、自動切替器「SW-KVM2WDPU」

デジタル生活 その他

 パソコン・周辺機器を取り扱うサンワサプライは11月30日、パソコン自動切替器「SW-KVM2WDPU」を発売した。2台のパソコンで1台のディスプレイを共有できるDisplayPort対応切替器で、標準価格は37,584円(税込)。

 「SW-KVM2WDPU」は、1組のDisplayPortディスプレイ・USBキーボード・USBマウスを、2台のパソコンで切り替えて使用できる自動切替器。画面の切替えは、1.8mの長さのケーブルの手元切り替えスイッチを使用する。DisplayPort信号のみの切替器としても使用可能。最大3840×2160(UHD)@60Hzの4K解像度、1920×1200(WUXGA)、1920×1080(フルHD)の解像度に対応し、ワイド画面出力にも対応。HDCP対応により、地デジやブルーレイメディアの著作権保護規制がかかった映像も再生できる。

 ポートを切り替えなくても、2台のパソコンの同時起動、再起動ができる点も特徴。キーボードによるホットキー切り替えにも対応しているため、遠隔操作中でも使用可能。デスクトップパソコンだけでなくノートパソコン・タブレットでも使用できるという。

◆DisplayPort対応手元スイッチ付きパソコン自動切替器
価格:37,584円(税込)
サイズ:W93.7×D93×H26.8mm
付属品:DisplayPortケーブル(1.5m)×2、USBケーブル(1.8m)×2、3.5mmステレオミニケーブル(1.8m)×2、手元スイッチ(1.8m)×1、取扱説明書(保証書付き)
対応解像度:最大解像度3840×2160(4K UHD)@60Hzまで表示可能
《神山千寿子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)