悪意の投稿は同水準、マナーは若年層を中心に年々低下

デジタル生活 大学生

スマートデバイス利用者の悪意のある投稿の理由
  • スマートデバイス利用者の悪意のある投稿の理由
  • スマートデバイス利用者の悪意のある投稿後の感情
  • PC利用者のパスワードの設定方法
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は12月20日、「2016年度情報セキュリティに対する意識調査」の結果を発表した。同調査は、2005年から毎年PCおよびスマートデバイス利用者を対象に、情報セキュリティ対策の実施状況、情報発信に際しての意識、法令遵守に関する意識について実施したアンケート調査を集計しているもので、今回で15回目となる。今回の有効回答数はPC、スマートデバイスともに5,000人。

調査結果によると、インターネットにPCで投稿経験がある人のうち、悪意の投稿経験があるのは24.2%と前回とほぼ同水準となった。悪意の投稿の主な理由は「人の意見に反論したかったから」が35.2%でもっとも多く、前回から10.7%増加した。2番目に多かった「人の意見を非難・批評するため」は26.3%で、こちらも前回から9.2%増加している。投稿後は「気が済んだ、すっとした」は前回とほぼ同率だったが、「面白かった(5.7%増)」「小気味良かった(5.1%増)」などネガティブな達成感を覚える傾向が増加した。

投稿時の心がけ(マナー)については、20代のPC利用者は「正確な内容にする」「人の感情を害さない内容にする」「人に非難されない内容にする」「責任が持てる内容にする」「他人や企業に迷惑をかけない内容にする」など、多くの項目で全体平均よりも10%以上低い割合となった。また、全体平均も4年前から経年で悪化する結果となっている。さらに、PC利用者のパスワード管理については「パスワードは誕生日など推測されやすいものを避けて設定している」の割合が年々減少しており、特に10代、20代は4割を切る結果となっている。

悪意の投稿は同水準、マナーは若年層を中心に年々低下--意識調査(IPA)

《吉澤 亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)