「成果があがる」ノートの使い方100のコツ、コクヨ社員が公開

教育・受験 中学生

 コクヨの社員が実践する100通りのノートの使い方を紹介した書籍「コクヨのシンプルノート術」がKADOKAWAより12月23日に発売する。定価は1,400円(税別)。読んですぐに真似したくなるコツが満載されている。

 日本でもっとも多くノートを販売しているコクヨ(矢野経済研究所調べ)。そのコクヨの社員が、ノートを使って、アイデアやメモ、議事録、資料などをスッキリまとめる方法を伝授する。3つの罫線別に、思考の整理がしやすい「方眼罫」、正確な情報収集ができる「横罫」、アイデアを出すのに適した「無地」と、各ノートは行動で使い分けるのがよいという。

 同書では、実際に社員が使っているノートの画像を掲載。巻末付録には、付箋や蛍光ペンの活用法といった、ノートと一緒にフル活用したい文具の技術も盛り込まれている。

 「結果につながるメモの方法とは?」「商談時の雑談力があがる!ネタの収集活用」「資格などの勉強の際にノートをどう使う?」「最後までノートを使い切るための有効活用術」など、すぐに実践したくなるものばかり。成果があがるノートの技術を身につけられる。

◆コクヨのシンプルノート術
定価:1,400円(税別)
判型:四六判
発売日:2016年12月23日(金)
発行:KADOKAWA
販売:全国の書店

成果があがるノートテクニックが満載!「コクヨのシンプルノート術」12/23発刊

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)