小3までの7割「逆上がり・爪切り」できない

生活・健康 小学生

 小学3年生までの子どもの約7割は「逆上がり」や「爪切り」ができないことが、主婦の友社の調査結果より明らかになった。一方、「縄跳び」は約9割、「補助なし自転車に乗る」「正しい箸の持ち方」は約7割ができるという。

 子どもが現在できていることに関する調査は、年長から小学3年生までの子どもを持つ親を対象にネットアンケートを実施し、男の子36人、女の子37人の計73人の子どもの保護者から回答を得た。調査期間は11月11日~14日。

 子どもが現在できていることは、「縄跳び(前1回跳び)」が88%ともっとも多く、「正しい箸の持ち方」73%、「雑巾絞り」73%、「補助なし自転車に乗る」68%、「生卵を割る」68%、「包丁で野菜を切る」65%が続いた。

 一方、「ご飯を炊く」が19%ともっとも少なく、「スーパーまでおつかい」28%、「風呂敷包み」29%、「逆上がり」31%、「爪切り」32%、「ちょうちょ結び」43%の順に少なく、いずれも半数に満たなかった。

 主婦の友社は、1日1ページ366日の「頭のいい子を育てるシリーズ」第3弾として、「できるよ!せいかつ366」を11月に発刊。ホットケーキの焼き方や速く走るコツなど、毎日の生活の中でできるようになりたいことを1日1ページ366日分、14ジャンルにわたって紹介している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)