富士急行、通学定期運賃を大幅値下げ

教育・受験 高校生

富士急行は2017年4月に高校生以下の通学定期券を値下げする。
  • 富士急行は2017年4月に高校生以下の通学定期券を値下げする。
  • 富士急行は2017年4月に高校生以下の通学定期券を値下げする。
富士急行は12月22日、富士急行線の通学定期運賃を2017年4月1日に改定すると発表した。高校生以下の定期運賃を最大で約3.8割値下げする。

発表によると、利用距離に応じて12.3~37.5%値下げする。1カ月の定期運賃(子供を除く高校生以下)の場合、2km区間が今より500円安い3540円、27km区間が1万490円安い1万7490円になる。

6カ月では、都留文科大学前~富士山間が1万370円値下げの7万2690円、大月~河口湖間は今より5万6650円安い9万4450円になる。子供の定期運賃は、高校生以下の新しい定期運賃の半額。通勤定期運賃や大学生・専門学校生の通学定期運賃などは、今回の値下げの対象外となる。

富士急行線は、大月(山梨県大月市)~河口湖(富士河口湖町)間26.6kmを結ぶ鉄道路線。富士急行は沿線の高校からの要請を受けて値下げに踏み切ることにした。同社の交通事業部は「(沿線の高校に通う生徒保護者の)経済的負担を減らし充実した高校生活をサポートするため~値下げすることと致しました」としている。

富士急行、高校生以下の定期券を大幅値下げ 2017年4月から

《草町義和@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)