【大学受験2017】先輩の併願例をチェック「併願大学検索システム」

教育・受験 高校生

併願大学検索システム
  • 併願大学検索システム
  • テレメール進学サイト
 フロムページが運営する「テレメール進学サイト」は、受験生の出願大学選びを支援する「併願大学検索システム」を公開した。志望大学を入力するだけで、先輩受験生が関心を持った・併願した大学を知ることができる。パソコンやスマートフォンから利用できる。

 併願大学検索システムは、フロムページが実施した「テレメール全国一斉進学調査」で、2016年度に調査した4万3,000人の回答結果をもとに開発。特定の大学を志望した先輩受験生が、ほかにどのような大学に関心を持っていたのか、最終的にどの大学を併願していたのかがわかる。

 志望大学を入力すると、2016年度(平成28年度)の受験生が「関心を持った大学」「出願した大学」がそれぞれ割合の高い順に表示される。先輩受験生が科目や日程などを考慮したうえで選んだ大学がわかるので、急いで出願大学を決めなければいけない受験生の負担を軽くしてくれる。詳しく調べる前の絞り込みの方法として活用できるほか、受験生の頭の中にはなかった併願校に気付ける可能性もある。

 データの偏りなどに配慮するため、関心者が80名以上の大学304校を対象とし、検索結果は関心者が5名以上、出願者が3名以上の大学・学部に絞って公開されている。今後は、理解や利用状況を確認しながら検討していくという。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)