年末年始の交通事故3.8%減の5604件、飲酒運転による事故は52.6%減の44件

教育・受験 未就学児

交通事故
  • 交通事故
警察庁交通局は、年末年始(12月29日~1月3日)の交通事故発生状況をまとめた。

同期間中の交通事故発生件数は、前年同期比3.8%減の5604件、死者数は同12.5%増の72人、負傷者数は同3.1%減の7323人だった。

飲酒運転による交通事故の発生状況は同52.6%減の44件、うち死亡事故は2件だった。ただし、2016年度の数字は、捜査中により現時点で飲酒運転と確定できないものを除いたものとなる。

年末年始の交通事故による死者数は、減少傾向にある。30年前の1986年度は150人、1996年度は144人、2006年度は91人、過去4年度は60人台で推移している。

年末年始の交通事故、3.8%減の5604件…死者数は12.5%増の72人

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)