月額0円のホームセキュリティ「Smart Home」

生活・健康 保護者

「Smart Home」は「一元管理」「低価格」「簡単導入」を特徴としたシンプルなホームセキュリティサービス。月額ゼロ円で導入できる(撮影:防犯システム取材班)
  • 「Smart Home」は「一元管理」「低価格」「簡単導入」を特徴としたシンプルなホームセキュリティサービス。月額ゼロ円で導入できる(撮影:防犯システム取材班)
  • システムの中心となるホームゲートウェイ。ゲートウェイと各種IoTデバイスを無線で接続し、家の機能を管理する仕組みだ(撮影:防犯システム取材班)
  • 家電や発電システムとも連携し、一つのアプリでセキュリティからホームオートメーションまでコントロールできる(撮影:防犯システム取材班)
  • 拡張性・柔軟性に優れたシステムとなっており、スマートキーとの連携もメーカーを問わずに可能(撮影:防犯システム取材班)
 HACK JAPANホールディングスは、東京ビッグサイトで開催された「第1回高性能住宅設備EXPO」にて、「一元管理」「低価格」「簡単導入」を特徴としたシンプルなホームセキュリティサービス「Smart Home」の参考展示を行った。

 ホームゲートウェイを中心として、ドアセンサーやモーションセンサーといった各種センサーやIPカメラ、照明・空調・家電を無線で接続。さらにスマートロックや発電システムとも連携し、セキュリティからホームオートメーションまで、外出先からスマートフォンと一つのアプリで一元管理可能という点が本システムの大きな特徴となる。

 また、月額利用料ゼロ円と低価格で導入できること、面倒な設置工事が不要で簡単に導入できることも本システムの特徴として挙げられる。

 IoTとクラウドをベースとしたシステムのため、拡張性も高く、メーカーを問わず様々な機器を有効活用することができる。

 ブースではホームゲートウェイ、各種センサー、連携可能な各社スマートキーの展示に加え、アプリで実際に照明やドアセンサーの操作や確認ができるデモ展示が行われており、特徴的なフォルムのゲートウェイが来場者の注目を集めていた。

 なお、同サービスの原型となるコンセプトは、2016年3月の「セキュリティショー」で同社が発表しており、ユーザービリティのブラッシュアップや通信規格の選定を進めていく中で、今回の発表となった。サービス開始にはもう少し時間はかかるそうだが、2017年中のリリースを目指しているとのこと。

月額0円のIoTベースのホームセキュリティ「Smart Home」

《防犯システム取材班/鷹野弘@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)