茨城大、3万円給付の「修学支度金制度」創設

教育・受験 高校生

 茨城大学は平成29年度(2017年度)入学者を対象に、入学料または授業料を免除する「修学支度金制度」を創設する。経済的な理由により、申請を許可された学生を対象に3万円を給付する。返済は不要。採用者数は100人を予定している。

 茨城大学は、これまでも修学にあたり経済的な支援が必要な学生に対し、入学料や授業料の免除や徴収猶予といった制度を適用してきたという。平成29年度(2017年度)入学者からはさらに、従来の支援に加え「修学支度金制度」も創設する。

 対象者は、平成29年4月に学部入学者のうち、家計状況の基準に基づいて授業料免除などの許可を受けた者。採用人数は100人程度の予定。給付額は一律3万円で、返済は不要。給付金は、教材費や書籍代など、学生生活を始めるにあたり必要な経費への活用が想定されている。

 給付時期は平成29年6月下旬の予定。申請を希望する場合は、合格通知書に同封されている「平成29年度入学料及び授業料の免除・徴収猶予のしおり」を確認すること。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)