Office2007は10月、Windows Vistaは4月に延長サポート終了

デジタル生活 大学生

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は2月10日、「Office 2007」および「Windows Vista」の延長サポート終了について、脆弱性対策情報を発表した。マイクロソフト社が提供しているオフィスソフト「Office 2007」は2017年10月10日、OS「Windows Vista」は2017年4月11日(ともに日本時間)に、それぞれ延長サポートが終了する。

サポート終了後は、新たな脆弱性が発見されても更新プログラムが提供されないため、継続指定使用していると「PC の乗っ取り」「機密情報の漏えい」「業務停止」といった、事業継続を損なうリスクが発生する可能性がある。IPAが運営する脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」には、Office 2007は127件、Windows Vistaは1,032件の脆弱性対策情報(2006年から2016年まで)が登録されており、今後も脆弱性が発見される可能性がある。

IPAは、事業継続のために企業など組織の管理者、および一般利用者は脆弱性のリスクを認識し、後継システムへの速やかな移行が求めらるとしている。

Office 2007は10月、Windows Vistaは4月に延長サポート終了、対応を呼びかけ(IPA)

《吉澤 亨史@ScanNetSecurity》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)