Classi×明星中高が実践報告「ICT教育研究会 with Classi」3/28開催

教育業界ニュース イベント・セミナー

ICT教育研究会 with Classi
  • ICT教育研究会 with Classi
  • ICT教育研究会 with Classi:開催講座の内容
  • Classi
 ソフトバンクとベネッセが共同で設立した学校教育ICT活用支援サービスを提供する「Classi(クラッシー)」と明星中学校・高等学校は3月28日、「ICT教育研究会 with Classi」を開催する。3月24日まで、学校・行政関係者などの参加申込みを受け付けている。

 Classiは、ICTを活用して先生による授業や生徒指導、生徒の学習をシーンごとにサポートする学習支援クラウドサービス。2016年11月時点で、全国の小中学校・高校・専門学校合わせて1,400校以上に導入されている。

 明星中学校・高等学校で開催する「ICT教育研究会 with Classi」では、オープニングに静岡大学学術院教育学領域・益川弘如准教授が「ICTが変えるアクティブ・ラーニングと評価~21世紀型学力を見通して~」をテーマとした基調講演を行う。

 また、明星中学校・高等学校の教員が、国語・数学・英語・理科・地歴の各教科指導におけるICT活用の実践発表や、学年運営にClassiを活用した実践報告などを行う。さらに、Classiを導入している高校5校がClassiを利用した指導の実践発表を行うほか、ソフトバンクによる「ロボットとAIは教育現場をどう変えるか?」と題した講座や、明星中学校・高等学校の生徒による「生徒から見たICT教育」についての発表が行われる。

 参加対象は、学校関係者、行政関係者、プレス関係者、Classiコンテンツパートナー企業のみで一般の参加は不可。3月24日までWebサイト申込みフォームにて事前申込みを受け付けている。

◆ICT教育研究会 with Classi
日時:2017年3月28日(火)13:00~17:30(開場12:30)
会場:明星中学校・高等学校(東京都府中市栄町1-1)
対象:学校関係者、行政関係者、プレス関係者、Classiコンテンツパートナー企業
申込方法:Webサイトの申込みフォームより申し込む
申込締切:2017年3月24日(金)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)