佐賀県と宮城県の保育園2園に大要綱発電設備を、ソニー損保10基目の寄贈

ソニー損害保険は、「そらべあスマイルプロジェクト」を通じて、佐賀県・宮城県の保育園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を1基ずつ寄贈した。

生活・健康
ソニー損保のそらべあ発電所寄贈実績
  • ソニー損保のそらべあ発電所寄贈実績
  • そらあべ基金のシンボルキャラ
  • 寄贈した太陽光発電設備
ソニー損害保険は、「そらべあスマイルプロジェクト」を通じて、佐賀県・宮城県の保育園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を1基ずつ寄贈した。

そらべあスマイルプロジェクトは、再生可能エネルギーの普及活動や環境教育を行うNPO法人「そらべあ基金」の活動に賛同する企業・個人からの寄付をもとに、太陽光発電施設「そらべあ発電所」を全国の幼稚園や保育園に寄贈する取組み。

今回、太陽光発電設備を寄贈したのは、同朋天神保育園(佐賀県西松浦郡有田町)、やまとまちあから保育園(宮城県仙台市)の2園。

ソニー損保は「そらべあスマイルプロジェクト」を応援するため、2009年3月に自動車保険の商品特性を活かした「幼稚園にソーラー発電所を☆プログラム」を開始し、そらべあ基金に寄付を行ってきた。

同プログラムによるソニー損保の「そらべあ発電所」の寄贈数は、今回の寄贈で合計10基となった。

ソニー損保、太陽光発電設備を佐賀県と宮城県の保育園に寄贈

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)