小学生対象の個別カリキュラム型フリースクール、川崎市に4月開設

教育・受験 その他

gabeのフリースクール 3つの特長
  • gabeのフリースクール 3つの特長
  • gabeホームページ
 学童保育施設を運営するgabe(ガーべ)は、川崎市鷺沼に小学生を対象にした個別カリキュラム型フリースクールを開設する。開始は平成27年4月から、感情知能教育とカウンセリングで不登校児の心理面をサポートしていく。

 学童保育施設「エンリッチメント・アフタースクールgabe」と新たに設けられるフリースクールでは、子どもたち自身が自分で考え、強みを見つけて自信をつけ、成功体験を積み重ねていくことを大切にしている。

 フリースクールは、ひとりひとりに合わせたカリキュラムを作成する「個別カリキュラム型」。適正に応じて、短期(1か月)と長期(3か月)の教育計画書を作成することにより、自宅にいても学習を深められる環境を整える。学びを深めながら心理面のサポートを行っていくため、家庭と一緒に取り組む「シェア型」を採用しているという。gabeと家庭で共通認識を持つため、月1回は保護者へのフィードバックが行われる。

 フリースクールの対象学年は小学1年生から6年生、1日10人限定となっている。詳細はgabeホームページまで、4月11日、25日には説明会を開催する。説明会の申込みはgebeへの電話、またはinfo@gabe.co.jp(@を半角に変換)宛てにメール送信。

◆gabeフリースクール説明会
日時:4月11日(土)、25日(土) 各日第1回14:00~、第2回16:00~
申込方法:電話、またはinfo@gabe.co.jp(@を半角に変換)宛てにメール送信
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)