洗ったことありますか?換気扇を手入れして快適に料理する

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし

洗ったことありますか?換気扇を手入れして快適に料理する
  • 洗ったことありますか?換気扇を手入れして快適に料理する

オリジナルサイトで読む >

洗ったことありますか?換気扇を手入れして快適に料理する

料理が好きな人でも、なんとなく放置してしまいがちなのが換気扇の汚れだ。やり方がよく分からない、フィルターの取替などが面倒くさそうなどという理由から、なんとなく目をそらしてしまう。しかし、換気扇の掃除は、覚えてしまえば意外と簡単。こまめに手入れすることで、キッチン全体をきれいにできる。

1. 換気扇の汚れの原因とは

キッチンはリビングや寝室と違い、揚げ物や炒め物をした時に、目には見えないが油をたっぷり含んだ蒸気が舞い上がる。その蒸気がキッチンに蔓延しては瞬く間にクロスや天井は油まみれになる。その油を排出するため、料理をする時は換気扇を回すのだが、空気中には無数のホコリも混じっているため、蒸気の中に混じった油とホコリが合体し、こってりとした汚れになって、換気扇やフード、フィルターなど細かな部分にもまんべんなく貼り付くのだ。

換気扇に被せる不織布のフィルターを使えば、こうした油とホコリが混じった汚れが換気扇に直接付かないように予防できる。ガラス繊維や不織布が油をしっかり吸着するのだ。ガラス繊維は燃えにくく、不織布も難燃性のものが使われていて、さらに燃えにくい特殊加工を施しているものもある。しかし、不織布などのフィルターを貼っても、蒸気や油、ホコリなどの細かな粒子は通してしまう。フィルターだけに頼らず、換気扇は定期的に洗って手入れしたい。

では、換気扇を洗う前に、何を準備したらいいのか、どのような手順で洗えばいいのか、もしも換気扇を洗わずに放置したらどうなるのだろうか。

2. 換気扇の洗い方

換気扇を洗うために必要なものは何か、準備すべきものと部品の取り外し方について説明する。

■準備するもの

新聞紙 2~3枚
ゴム手袋 厚手で滑りにくいもの、もしくは普通の厚みのものを2枚
洗剤
ゴミ袋(シンクを覆えるサイズのもの)
乾いた布(ボロ布でよい)
歯ブラシ

■換気扇を洗う前の準備

  • 電源プラグを必ず抜く、もしくはブレーカーを落とす。
  • 手袋を着用する。手袋は厚手のものがなければ、普通の厚みのものを2枚重ねても良い。
  • 換気扇を分解した時、真下のガスコンロの上にパーツを置けるように、新聞紙を広げる。
  • シンクで浸け置き洗いできるよう、ゴミ袋を広げ、シンクの四隅にテープで固定する。
  • 浸け置き用の洗剤をシンクに張る。

■洗剤の選び方

換気扇の汚れを落とす時、週に一度簡易的な掃除をする場合は、中性洗剤をスポンジにつけてこするだけでよい。しかし、3ヶ月に一度は浸け置き洗いをして完全に油やホコリを落としたい。浸け置き洗いに用いる洗剤は、中性洗剤、もしくは重曹や粉せっけんなどを使うのもおすすめだ。重曹の場合は、湯100gに重曹を3gの割合で溶かす。その他、湯10リットルに約50gの酸素系漂白剤、液体せっけん約10gを溶かした洗剤液を使用してもよい。

■換気扇の種類と取り外し方

換気扇の深型(ブーツ型)レンジフードの場合、2種類ある。ひとつはシロッコファンタイプで、ドラム状の羽がついている。もうひとつはプロペラファンタイプで、ダクトを使って排気するタイプだ。

どちらのタイプの場合もまず、取っ手を持ち上げて手前に引き、フィルターを外す。次に、プロペラファンタイプの場合はネジをゆるめて換気扇を取り外す。ネジを回す方向については「ゆるめる」と書いてある場合もある。シロッコファンタイプの場合は、下側に引いて取り外す。

3. 換気扇の分解から仕上げまで。

準備が整ったら、いよいよ換気扇を分解して浸け置き洗いする。

■浸け置き洗いと仕上げ

取り外した部品をシンクに張った洗剤液に浸け、汚れが浮いたらビニールをカットして汚れと水を流す。歯ブラシで細かい部分の汚れを取り除いたら、仕上げに乾いた布で拭き上げる。汚れを付きにくくするために、衣類用の柔軟剤かヘアリンスを布につけ、部品に塗ってもよい。柔軟剤やヘアリンスは、換気扇の部品の表面を薄くコーティングするので、汚れがつきにくい。最後に、部品を元の状態に戻したら完了だ。

■もしも換気扇の汚れを放置したら

換気扇が汚れたまま放置したら、プロペラやファンに油やホコリがこってりと上塗りするように付着する。その結果、うまく回転することができなくなり、バランスが崩れ故障する。異音がするようになることもある。

結論

料理が好きでも掃除は別問題で、なかなか取り掛かるのが億劫になる時もある。しかし、メンテナンスも慣れてしまえば意外と簡単。こまめにすればするほど、汚れもあっさりと落とすことができる。すっきりきれいなキッチンで料理したい。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)