何度が正解?冷蔵庫の温度設定は季節によって変えるべき

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし

何度が正解?冷蔵庫の温度設定は季節によって変えるべき
  • 何度が正解?冷蔵庫の温度設定は季節によって変えるべき

オリジナルサイトで読む >

何度が正解?冷蔵庫の温度設定は季節によって変えるべき

自宅の冷蔵庫、温度が何度に設定されているかご存知だろうか?何度かさっぱりわからない…、温度調節のつまみがついているけれど、一度もいじっていない…そんな人も多いのではないだろうか?冷蔵庫の温度設定、実は侮れない。というのも上手に温度調節を行うと節電、節約にも役立つのだとか。今回は、冷蔵庫の温度設定のイロハを学んでいく。

1. 庫内の適正温度

法で定められた温度

冷蔵庫の庫内の設定温度は、JIS規格によって、冷蔵室/4以下、冷凍室/-18以下と定められている。ちなみにこの規格は、室内の温度や湿度、扉の開閉回数まで細かく設定された上で年間消費電力量などが算出されたものだ。この温度が、庫内の設定温度の基準となりそうだ。

部屋ごとの温度目安

近頃の冷蔵庫は、食品を最適な温度で保存できるよう多ドアタイプが増えている。言うまでもないが、ドアごとに目安となる温度が異なる。

  • 野菜室 約5〜7
  • 冷蔵室 約3〜5
  • チルド室 約0
  • 氷冷室 約-1
  • パーシャル室 約-3

ちなみにチルド室は肉や魚、ヨーグルトなどの乳製品、練り物などの保存に最適。氷冷室は、肉や魚、貝類、刺身などを保存するのに向いている。バーシャル室は、わずかに凍る微凍結状態。ハムなど加工品の保存に活用するといいだろう。

2. 冷蔵庫内の温度を知る

目安の温度がわかったところで、自宅の冷蔵庫内の温度がわからねば、比較のしようがない。とはいえ、冷蔵庫内の温度、手持ちの温度計を入れただけで測ることができるのだろうか?答えは、NO。というのも温度計を冷蔵庫から出し入れする際、ドアの開閉によって、外気が入ってしまい、正確な温度を測ることができないのだ。では、どうすれば良いのか?

冷蔵庫内の温度を正しく測る方法

温度計で庫内の温度を計測する場合は、冷蔵庫の中央に(ちょうど真ん中にトレイ)約100mlの水を入れたコップを一晩置く。翌日、そのコップに温度計を入れ、3時間ほど浸してから測定をすると外気の影響を受けることなく、測定ができる。さらに手軽に温度を知りたいのなら、冷蔵庫専用の温度計がオススメ。普通の温度計よりはやや高価だが、通販などでも簡単に手に入る。

3. 温度設定を上手に活用する

温度設定機能はどこにある?

たいていの冷蔵庫には温度設定機能がついている。冷蔵庫を開いたとき、1番奥の当たる面についていることが多いが、最新タイプの場合、タッチパネルやセンサーで管理するものもある。つまみの場合は、弱中強や1〜5などという目盛りがついているものが一般的。真ん中部分が先ほど説明した冷蔵庫内の温度目安3〜5に設定されているものが多い。

どんな時に変更する?

目安の温度と実際の温度がわかったところで、両者を比較する。もし、冷蔵庫内の温度が目安よりやや高めだった場合、つまみを強に。逆に冷蔵庫内の温度がやや低めだった場合、つまみを弱にする。目安の温度と実際の温度がわかれば、こんな具合で簡単に調節することが可能だ。

4. 温度調節をする時期

冷蔵庫内の温度は季節で変わるのか?

答えは、YES。外気温の上がる夏は、やはり冷蔵の温度も高くなりがち。逆に、外気温の低い冬は冷蔵庫内の温度も低く保たれているのが一般的だ。きちんと計測して、温度設定機能を使うのが正解だが、日々行うのはなかなか困難。衣替え感覚で、夏を迎える前、冬を迎える前に、温度を確認し、設定を変更するのがオススメ。実際、温度調節機能を夏は「強」に、冬は「弱」に変更するだけで、電気代が節約できたというリサーチもある。

結論

規格で定められら冷蔵室/4以下、冷凍室/-18以下を基準とし、実際の冷蔵庫内の温度と見比べることで、冷蔵庫内が適正な温度に保たれているか、否かを判断することができる。さらに、温度調節機能を上手に使えば、節約にも一役買ってくれそうだ。ちなみに冷蔵庫は、上から下へ、下から上へと冷気が循環することで、温度を一定に保つ。ものを入れすぎると循環が悪くなるので、あまり詰め込まない、ということも念頭に入れておこう。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)