忙しいママ&パパも参加しやすい…親子クッキング教室まとめ

 主婦向けのイメージの強い料理教室だが、親子で参加できるものも存在することをご存知だろうか?親子で料理教室に参加すれば、料理の腕を上げるだけでなく楽しい思い出にもなる。忙しいパパでも参加しやすい料理教室を紹介する。

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし
子どもと遊びながら習い事!?親子で参加できる料理教室とは
  • 子どもと遊びながら習い事!?親子で参加できる料理教室とは

オリジナルサイトで読む >

子どもと遊びながら習い事!?親子で参加できる料理教室とは

主婦向けのイメージの強い料理教室だが、親子で参加できるものも存在することをご存知だろうか?親子で料理教室に参加すれば、料理の腕を上げるだけでなく楽しい思い出にもなる。忙しいパパでも参加しやすい料理教室を紹介する。

1. 親子でクッキングがオススメなワケ

"食べる"ことの大切さを教える

人間の体は食べたものから作られる。食べることは健康な体を作り、そして維持するために非常に重要なのだ。家庭でも日常的に食べることの大切さを子供に伝えることはできるが、家庭とは違った環境で、実際に食材に触れながら説明した方が子供にも理解しやすい。親子クッキングは、"食育"の基礎を理解させる良い機会となる。食に関する知識を説くことで、「パパってすごい」と尊敬されるかもしれない。

食事に興味を持たせる

食が細い子供や好き嫌いの多い子供は、食事に興味を持っていないことが多い。料理教室では子供が苦手な食材に触れる機会もある。洗ったり切ったりする時にその食材についてパパが優しく説明すれば、「食べてみようかな」という意識が芽生えるかもしれない。

手伝いにつながる

親子で料理教室に参加すると、調理だけでなく準備から後片付けまでを経験できる。これが家庭での手伝いにもつながるのだ。包丁の使い方なども覚えることができ、手伝いの幅がグンっと広がる。日常的にママの手伝いをするようになれば、ママも喜ぶことだろう。

料理の腕が上がり、子供との時間も作れる

親子で参加する料理教室とは言え、作る料理は本格的。参加することで料理の腕が上がり、レパートリーも増える。それだけでなく、子供と楽しく過ごすことができる。仕事に忙しく、普段子供と触れ合う時間が少ないパパにとって、貴重な子供との時間となるだろう。

2. 親子で参加できる料理教室

ここからは、忙しいパパでも予定を立てやすい親子で参加できる料理教室を紹介する。

ABCクッキングスタジオ

料理教室最大手のABCクッキングスタジオでは、満4歳から小学6年生までの子供1人と保護者1人で参加できる"親子ペアレッスン"を開催している。1レッスン8名までの少人数制で、しっかりと料理を習うことができる。「先生がフルーツの数を子供に数えさせたり、いただきますと言ってから食べさせたので、料理以外のことも学べた」と口コミも上々。レッスンは1回限りで入会金等がないのもポイント。

東京ガス

東京ガスでは、親子で参加できる食育料理教室"キッズ イン ザ キッチン親子クラス"を1992年から開催している。季節やイベントに合わせた料理を親子で楽しみながら作ることができる。ガス会社らしくエコやCo2の削減についても学ぶことができ、料理だけでなく地球環境に興味を持たせることもできるかもしれない。他にも、東京ガスでは男性向けのコース"男だけの厨房"も設けている。

食育教室 おやこキッチン

台東区にて開講中の食育教室おやこキッチンでは、アットホームな環境で季節やイベントに合わせた料理やスイーツを親子で楽しみながら作ることができる。食育に重点を置いており、料理を学ぶだけでなく食の安心や健康に関する講座なども評判だ。

3. まだまだある!親子クッキングクラス

東邦ガス

愛知県と三重県に9ヶ所の教室を持つ東邦ガスでは、経験豊富で丁寧な講師としっかり学べる少人数制が魅力の親子クッキング教室を開催している。イベントや祝祭日などに合わせた料理を親子で楽しく作ることができ、料理を学びながら親と子の会話を増やすことができる。IHを使った教室が増える中、東邦ガスなら火の扱いを学ぶこともできる。

マルエツの料理&カルチャー教室 いーとぴあ

埼玉県のマルエツの料理&カルチャー教室いーとぴあでは、気軽に参加できる1回完結の親子イベントとして、親子で料理やスイーツを作るクラスを開講している。対象となるのは年長以上の子供と保護者1名のペア。大手製パン会社などの協力のもと、親子で楽しく料理を作ることができる。

東彩ガス

埼玉県の東彩ガスでは、親子で参加できる親子レッスンを開催している。レッスン内容によって3歳以上や5歳以上など対象年齢が異なる。親子ペアではなく、対象年齢以上であれば子供2名まで参加できる点が嬉しい。講師との距離が近く、しっかりと学ぶことができる。「講師の手元を映し出すモニターが設置されていてわかりやすい」「一緒に参加した人たちとダイニングで食事ができて楽しかった」など、口コミ評価も高い。

結論

親子で参加できる料理教室について解説した。料理教室では、レッスンで作った料理の作り方だけを学べる訳ではない。料理は応用であり、一つの調理方法をマスターすることで"できること"や"作れるもの"がグンっと増える。子供と一緒に楽しく料理教室に参加したら、その次の週末は自宅のキッチンで子供と一緒に新しい料理に挑戦しよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

子どもと遊びながら習い事!?親子で参加できる料理教室とは

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)