父から子に伝えたい日本の食文化~なぜ、正月に餅?

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし

父から子に伝えたい日本の食文化〜なぜ、正月に餅?
  • 父から子に伝えたい日本の食文化〜なぜ、正月に餅?

オリジナルサイトで読む >

父から子に伝えたい日本の食文化〜なぜ、正月に餅?

正月には餅を良く食べる。普段餅を食べることがほとんどない家庭でも、正月には餅が食卓に上がるだろう。これはなぜだろう?今回は、“父から子に伝えたい日本の食文化”として、正月に餅を食べる由来について解説する。

1. 餅を飾り、餅を食べる日本の正月

正月の飾り

正月には歳神様と呼ばれる神様が降臨し、その神様を家庭に迎え入れることによって一年間の幸せを運んでもらうと考えられてきた。そのため、日本では昔から正月を迎えるために様々な準備を行うのだ。まず、玄関前や門などに飾って神様が降臨する目印となるのが"門松"。次に、玄関ドアなどに飾る"しめ縄"は、神様に相応しい場所であるという印である。そして、家の中の上座に飾るものが"鏡餅"だ。鏡餅とは丸くて平たい大小ふたつの餅を重ねたもので、神様の依り代となる。

正月の食べ物

"正月に食べるもの"と言えば、ほとんどの人がお節料理と餅を思い浮かべるだろう。正月には歳神様が降臨すると考えられており、その神様に捧げるための料理がお節料理だ。お節料理には様々な料理が含まれ、それぞれに願いが込められている。例えば、昆布巻きには「喜ぶ(よろコブ)ことが多くあるように」という願いが込められており、数の子はつぶつぶを子供に見立てて「子供がたくさんできるように」という願いが込められている。お節料理のほか正月には雑煮や汁粉など餅をよく食べるが、その由来について次の項目で詳しく解説する。

2. 正月に餅を食べる由来は?

歯固めの儀

平安時代の正月行事に"歯固めの儀"がある。これは、正月三が日の間に硬いものを食べて長寿を願う儀式である。歯と年齢は深く関係するため、丈夫な歯を保つことが長寿に繋がると考えられていたのだ。大根やウリ、猪肉などと並び、硬いものとして食べられていたものが餅である。

ハレの日

おめでたい特別な日を意味する"ハレの日"。正月や祭日、結婚式の日などがハレの日に該当し、この日には決まって餅が食べられていた。高価な米を使って作る餅は特別であり、神聖な食べ物として扱われていたのだ。更に、長く伸びて切れにくいことから、伸びる餅を命に見立てて長寿を願う意味もあった。

鏡開き

正月に飾る鏡餅。拠り所として正月の間歳神様が住み着いた鏡餅には神様の魂が宿るため、食べることで神様の力を授かると考えられてきた。京都や周辺地域では1月4日、一般的には1月11日に鏡開きをして備えていた餅を割り、家族の幸せと無病息災を願って鏡餅を食べるのだ。

3. 雑煮について

雑煮はいつ食べる?

"雑煮"は、日本の正月に欠かせない料理の一つである。子供の頃、正月の朝に家族で新年の挨拶をし、雑煮とお節料理を食べてお年玉をもらった記憶がある人も多いだろう。現在でも、正月の朝に雑煮を食べる家庭が多い。1月1日の朝だけでなく、三が日は雑煮という家庭も珍しくない。しかし、本来は歳神様のために供えた餅を下ろしてから野菜などと一緒に調理するものであり、新年初めて雑煮を食べる日は1月4日という風習もあった。

いろいろな雑煮

雑煮は地域色の濃い食べ物である。関東では醤油ベースのすまし仕立て、関西では味噌仕立てが一般的だが、これに地域の特産などが加わって地域特有の雑煮となっている。ここでは様々な雑煮を紹介する。

  • 海と山の幸が贅沢に入っている(仙台市)
  • 鮭やイクラが入っている(新潟県)
  • 味噌仕立てのつゆに、塩ブリが入っている(長野県)
  • 白味噌ベースのつゆに、あんこ入りの餅が入っている(香川県)
  • 小豆汁に餅を入れる(島根県・鳥取県)
  • 牡蠣が入っている(広島県)
  • 雑煮を食べる習慣がない(沖縄県)

結論

餅を正月に食べる理由や由来について解説した。日本古来の食文化や伝統は、失われつつある。来年の正月には餅を食べながら日本の伝統行事や文化について語り、父から子へ大切な伝統を伝えよう。正月から子供に尊敬されること間違いなしだ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

父から子に伝えたい日本の食文化〜なぜ、正月に餅?

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)