知らないと非常識認定!?和食と洋食の正しいテーブルマナー

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし

知らないと非常識認定される!?正しいテーブルマナー
  • 知らないと非常識認定される!?正しいテーブルマナー

オリジナルサイトで読む >

知らないと非常識認定される!?正しいテーブルマナー

和食店で碗ものが出てきたとき、皆さんはふたをどのように置くだろうか。正しい方法でふたを取ることができるだろうか?食事を楽しむには、最低限のマナーを覚えておくことが欠かせない。今回は大人の男であれば、覚えておきたいテーブルマナーの基本を解説していく。

1. テーブルマナーの基本

大人の常識

最低限のテーブルマナーは、大人であれば知っておきたいもの。ただ、日頃の生活ではテーブルマナーを学ぶ機会はあまりなく、何が正しいかわからないという声も。知らずにいると常識のない人と思われたり、相手を不快にさせたりしてしまうケースもあるので、確認の意味も含めて、ここでチェックしていこう。

基本は楽しく

とはいえ、マナーにばかりとらわれていては、せっかくの食事も台無し。食事で最も大切なことは、一緒にいる相手といかに食事を楽しむかということ。マナーは、より食事を楽しむためのツールの1つと思い、学ぶのが正解だ。

レディファースト

もうひとつ、男性であれば、押さえておきたい基本がある。日本ではなかなか行われない、レディファーストだ。店の暖簾をくぐるとき、席に通されるときなど、ちょっとしたシーンで、女性を優先できるとぐっとできる男度は上がる。意識してみよう。

2. 洋食のテーブルマナー

世界共通

ナイフとフォークのテーブルセッティングは、世界共通。料理が進むに従って外側から順に使っていくのが正解だ。フレンチの場合、サラダなどもフォークだけで食べるのはNG。きちんとナイフを使って、小さく切りながら食べるのが正しいマナー。食べ物は基本、フォークで刺し、食べにくい場合は、フォークの腹に乗せて食べること。フォークの背に乗せるのはNGだ。

ナプキンの話

実は、ナプキンの使い方にもマナーがある。縫い目を内側にして二つ折りにし、輪の方をおなか側にして、膝の上に乗せよう。中座するときは、そのままナプキンを椅子に無造作におけばOK。退席の際は、食事に満足だった場合、くしゃっと適当に折ってテーブルの上に置くのが正解。折り目を正しく、折ると逆に満足できていなかったというサインになるので注意しよう。

食べ方

基本は音を立てないこと。姿勢をただし、脇を締めて、ナイフとフォークを持つと良い。力を入れすぎると音が鳴り、美しくないので、リラックスすることが大切。ご存知の通り、ナイフとフォークの置き方は、食べている途中はハの字、食べ終わったら斜め45度に揃えるのが正しいマナー。

3. 和食のテーブルマナー

箸の持ち方

和食は、日本人ならきちんとしたマナーで食べたいもの。まずは、基本中の基本。箸の持ち方。これを間違えていると何もかもが台無しになるので注意が必要だ。正しい持ち方は、上の箸は親指、人指し湯、中指の第一関節あたりで軽く挟む。下の箸は、親指の付け根と薬指の第一関節あたりで支えるイメージ。料理をつかむときに動かすのは、上の箸だけ。さらに箸には、寄せ箸、迷い箸などタブーが多くある。今一度確認しておこう。

食べる順番

先付けなど、一皿にいくつかの料理が並んで供されることがある。この場合は、基本的に左側から食べるのが正解。和食においては、器の真ん中から食べることをよしとしないマナーが存在する。懐石料理などであれば、左側に味が薄いものが来るよう盛り付けられていることも多い。必ずではないが、頭に入れて置くとスマートに見える作法だ。

お椀のふた問題

和食に欠かせない椀もの。このふたが意外と厄介な存在。実は椀もののふたは置く場所が決まっている。単独で椀ものが出てきた場合は、椀の向こう側。複数のお皿が出てきた場合は、右に椀があれば右外、左に椀があれば左外という具合だ。椀のふたは、ゆっくりとあけ、一旦ふたを縦にして水滴を椀の中に落としてから、裏返しておくのがマナー。

結論

皆さんは、最低限のマナーをご存知だったろうか?前述の通り、最大のポイントは美味しく、楽しく食事をいただくこと。そのためのルールであることをお忘れなく。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

知らないと非常識認定される!?正しいテーブルマナー

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)