5月9日はアイスクリームの日!その真相と日本のアイスの歴史

ゴールデンウィークも終わり、日ごとに暑くなり始める5月中旬、恋しくなるものと言えば…そう、アイスクリーム。実は丁度その頃の5月9日はアイスクリームの日に制定されており、アイスに関わるイベントも多く開催される。今回は5月9日がアイスクリームの記念日になった理由…

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし
5月9日はアイスクリームの日!その真相と日本のアイスの歴史
  • 5月9日はアイスクリームの日!その真相と日本のアイスの歴史

オリジナルサイトで読む >

5月9日はアイスクリームの日!その真相と日本のアイスの歴史

ゴールデンウィークも終わり、日ごとに暑くなり始める5月中旬、恋しくなるものと言えば…そう、アイスクリーム。実は丁度その頃の5月9日はアイスクリームの日に制定されており、アイスに関わるイベントも多く開催される。今回は5月9日がアイスクリームの記念日になった理由と日本のアイスの歴史について詳しく解説する。

1. 5月9日がアイスクリームの日になったのはなぜ?

5月9日がアイスクリームの日というのはあまり知られていないが、実はこの日がアイスの記念日と決まったのは1964年。今から50年以上も前のことで、決して最近の話ではないのだ。

アイスの日を制定したこの年、東京アイスクリーム協会は連休明けの5月9日に、沢山の人にアイスを楽しんで欲しいという願いを込めて記念事業を行い、いろいろな施設にアイスをプレゼントしたのが始まりだ。以来、この日がアイスクリームの日となり、毎年アイス会社によるイベントが行われている。

2. 日本のアイスクリームの歴史

日本のアイスクリームの歴史は古く、その起源は幕末にさかのぼる。日本人とアイスの出会いは、アメリカに派遣された徳川幕府の使節団が訪問先でアイスクリームを食べたのが始まりだ。最初にアイスを口にした一行は、そのあまりの美味しさに驚愕したと言われている。

その様子は従者、柳川当清の「柳川日記」に記され、その文面からも、色彩豊かな甘く冷たいアイスが、口の中でとろけたときの感動が伝わってくるほどだ。

その後、明治になると日本国内でもアイスが作られるようになる。最初に作られたのは1869年(明治2年)。横浜馬車道で日本初のアイスクリームが誕生した。製造したのは勝海舟に私淑した町田房蔵。当時のアイスは「アイスクリン」と呼ばれ、牛乳、卵、砂糖で作られたといわれている。

その後、1883年(明治16年)に鹿鳴館ができてからは、日本の先進性をアピールするために、外国からの賓客のデザートにはアイスクリームが選ばれた。

次第に民間のレストランやお店でもアイスが提供され始め、特にソーダファウンテン(現在の資生堂パーラー)では卵の黄身とレモンの香りをミックスしたアイスクリームが大ヒットし、銀座名物としてその名は広く知られることになる。

銀座で食べるアイスクリームの相場は25銭で、庶民にとっては高嶺の花だった。しかし東京の街中では1杯1銭の廉価なアイスも販売されていた。その様子は「東京年中行事」に記録されている。

3. アイスクリーム製造の近代化

大正時代になるとアイスクリーム製造は工業化され、近代化したシステムの中で大量生産が可能になり、カップアイスが登場してからは家庭でも気軽に食べられるようになった。

しかし、昭和に入るとその状況は一変。第2次世界大戦に突入すると、酪農製品は軍事物資として徴用されたので、アイスクリーム製造は一切中止された。

戦後すぐに販売されたのはアイスキャンデーだ。アイスクリームが本格的に復活したのは1952年(昭和27年)。雪印乳業がスティックタイプのアイスを売り出したのが始まりだ。以降、技術開発が進み、高品質で豊富な種類のアイスクリームが販売されている。

5月9日のアイスクリームの日には、こうした歴史に思いを馳せながら、好みのアイスを食べて楽しもう。

結論

5月9日はアイスクリームの日。この記念日が制定されたのは1964年で、アイスクリームの普及を願っていろいろな施設にアイスをプレゼントしたのが始まりだ。日本人がアイスと出会ったのは江戸時代末期で、初めて食べた人はその美味しさに驚嘆したという。日本でアイスが作られ始めたのは明治以降。戦時中に一時製造停止になったが、戦後は再び復活し技術改良も進んだ。こうした歴史を経て、現在では美味しいアイスクリームを食べることができる。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)