牛乳以外もかけてみよう、シリアルの簡単アレンジ

 オールブランをはじめとした無糖のシリアルはダイエットにも最適だが、定番の牛乳をかける食べ方は飽きやすく、朝から体が冷える、という声も聞かれる。飽きずにシリアルを続けて食べるためには?今回は、シリアルのいろいろな食べ方を紹介しよう。

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし
シリアルに牛乳以外をかけてみない?簡単アレンジやホットも
  • シリアルに牛乳以外をかけてみない?簡単アレンジやホットも

オリジナルサイトで読む >

シリアルに牛乳以外をかけてみない?簡単アレンジやホットも

オールブランをはじめとした無糖のシリアルはダイエットにも最適だが、定番の牛乳をかける食べ方は飽きやすく、朝から体が冷える、という声も聞かれる。飽きずにシリアルを続けて食べるためには?今回は、シリアルのいろいろな食べ方を紹介しよう。

1. シリアルに何をかける?

  • 豆乳
    良質なたんぱく質を含み、脂肪分が少ないといわれ栄養価の高い豆乳は、牛乳に近い形でシリアルを食すことができる。調整された豆乳の場合、糖分が加えられておりカロリーが高くなってしまうこともあるため、「無調整豆乳」がおすすめ。しかし、豆乳特有のにおいが苦手な人は調整豆乳から始めてみよう。
  • オレンジジュース
    果汁100%のフレッシュのオレンジジュースをかけると、スイーツ感覚でシリアルを楽しめる。ビタミン補給にももってこいだ。アップルジュースやパインジュースもお好みで。
  • 野菜ジュース
    糖分や塩分不使用のものを選ぼう。野菜ジュースをかけることによって、シリアルだけでは補えないビタミン類を補給しよう。
  • ヨーグルト
    牛乳をはじめとした液体をかけるとシリアルはふやけてしまい、その食感が苦手という人は意外と少なくない。そんなときには無糖のヨーグルトをかけて食べよう。低脂肪のヨーグルトならさらにカロリーもオフできる。
  • トッピング
    間食での食べ過ぎを防ぐ目的でおすすめなのが、シリアルに、ハチミツ、メープルシロップ、ジャム、チョコレートなどの甘いものを少しだけトッピングするという食べ方。シリアルでかさ増しし、シリアルの食感で満足感を得る。もちろん食べ過ぎてしまうとカロリーオーバーになってしまうので要注意。トッピングは小さじ1程度にしておこう。ジャムは低糖質のもの、チョコレートはカカオの含有率が高めのものを選ぶようにしよう。

2. ホットシリアル

シリアルを温かく食べられるというので人気なのが、牛乳やスープなどでシリアルを煮込んでお粥やリゾットのように食べる方法だ。体も温まり、ちょっとした軽食にもなる。
シリアルは、牛乳や豆乳、コンソメスープ、トマトスープなどどんなスープとも相性が良い。味付けにこだわればおしゃれなひと品に。食物繊維が豊富なシリアル独特の食感を楽しむことができる。スープ自体に野菜をたっぷり入れると栄養価も高くなり、満足感もアップする。夕食のスープの残りに、翌朝シリアルを加えて煮込む、なんて食べ方もいいだろう。
ミューズリーやグラノーラのようにドライフルーツが入っている場合はスープではなく塩味のない牛乳や豆乳にするのがおすすめ。シナモンやすりおろししょうがを少量加えると、大人味のホットスイーツとして食すこともできる。
手軽な方法としておすすめなのが、顆粒のカップスープの素に熱湯を注いで作ってからシリアルを加える食べ方だ。鍋で煮込むよりもシリアルの食感が残りやすく、スープのクルトンのようなイメージに近くなる。シリアルの量が少なければマグカップでもOK。混ぜるときにこぼさないように注意しよう。

3. 応用編:シリアルで簡単クッキング

シリアルをクッキーやアップルパイ風スイーツなど、一手間かけたスイーツに仕上げることも可能だ。もちろん調理は簡単なので、子どもたちと休みの日に作ってみるのもおすすめだ。

  • シリアルクッキー
    お好みのクッキー生地にシリアルを混ぜ込んで焼くだけ。シリアルの食感を楽しめる上、生地の部分が少ないので軽い仕上がりに。材料にこだわれば、市販のクッキーでは難しい糖質量やエネルギーのカットも可能だ。
  • シリアルバー
    シリアルにマシュマロとバターを混ぜて電子レンジで少しずつ加熱。マシュマロがとけたところでざっくりと混ぜてバー状に成型すれば、簡単シリアルバーのできあがり。はちみつやシロップを混ぜるとシリアルが固めやすくなる。持ち歩きもできるので携帯用の軽食としても重宝する。
  • アップルパイ風
    いちょう切りにしたりんごと控えめの砂糖、シナモンパウダー少々を加えて電子レンジで加熱し、シリアルにかけるとアップルパイ風の味わいに。バニラアイスを添えると特別な一皿に。
  • ムースの土台にも
    レアチーズケーキやムースタイプのケーキを作る時、ビスケットやクッキーをくずして敷き詰めるというレシピがある。そんなときにはシリアルを土台に使ってみよう。クッキーよりも崩しやすくて歯触りも軽い感じに仕上がる。

結論

シリアルの色々な食べ方を紹介したが、シリアルを毎日食べていて飽きがきている人もそうでない人もぜひ試してみてほしい。シリアルにも原材料や製法などにより様々な種類があるので、好みに合った食べ方が見つけられるかもしれない。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

シリアルに牛乳以外をかけてみない?簡単アレンジやホットも

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)