家庭で育てる「びわ」種まきから栽培法まで

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし

びわの育て方、種まきから栽培法までを学ぶ
  • びわの育て方、種まきから栽培法までを学ぶ

オリジナルサイトで読む >

びわの育て方、種まきから栽培法までを学ぶ

びわは大きな種が入っている果実であり、この種を植えることで木がなるので、手軽に栽培を試すことができるフルーツだ。しかし、手軽とはいっても種をまいてから実を付けるまでに手をかけてやるポイントも多い。ここでは実際にびわの種をまいて木を育ててみたいという方に向けて、びわの種まきから栽培方法までを確認していくことにしよう。

1. びわを育てる環境

びわの栽培難易度は高い方ではなく、むしろ簡単な植物だ。栽培する環境さえ整っていれば放っておいても実を付けるようになる。びわは比較的暖かい場所を好むフルーツだ。びわは冬にかけて花が咲き、翌年の果実の収穫へと繋がっていく。つまり花の咲く冬期の環境があまり過酷であると果実の収穫量にも影響が出るのだ。もし寒い場所で育てるのであれば耐寒性の強い品種を選択することも大切になってくるだろう。他にも、湿気に弱いという特徴もあるため、水はけのいい土地を選ぶことも大切だ。

また、びわは成長すると非常に背が高い木になる。そのため栽培過程で低めに剪定していくことが大切だ。万一大きくなりすぎた時のことを考えて植える場所はしっかりと考えた方が良いだろう。

2. びわの栽培方法

びわの種まき

びわの種をまくときは4月から5月くらいにかけての暖かくなってきた時期が適切だ。食用したビワの種をそのまま植える場合は、しっかりと果肉を落として綺麗にして、適切な土壌の3cm程度掘った部分に埋めてやるだけでも良い。

もしもより健康に良い実をつけるように生育したい場合は、ホームセンターなどで売られている苗木を移し替えた方が良い。3月頃に40~50cm程度の少し深めの穴を掘り移し替えてあげると良い。

びわの剪定について

無事に根の付いたびわの木は8年ほどの歳月をかけて大きくなっていく。基本的には手をかける必要は無いが、植えてから3~4年たった頃に必要に応じて剪定を行うとよい。

びわはその年に伸びた枝の先に花をつけてそこから実をなすので、剪定は2~3月の花が咲く前後の時期を狙って行う。このときに花をつけていない古い枝や状態の悪い枝はどのみち実をつけないので切り落として構わない。

また、混み合っていて光の当たり方などに問題がある場合は間引いてやるのもいいだろう。風当たりが良くなることで実の出来もよくなる。

いずれにせよ、さほど気を遣った剪定は必要ないのがびわの特徴だ。この辺りも栽培難度が低い要因の1つになっているといえる。

ただし前述したように、あまり背高くしたくない場合は、折を見て上部を切り落とすことも必要だ。

一度剪定してしまった枝は再び身を付けるようになるのに数年かかる場合もあるので、必要以上の剪定はせずに、というのがポイントになるだろう。

水やり

基本的には水をあげる必要は無い。湿気に弱いため、むしろ水の与えすぎに気を付けた方が良いだろう。特別に日照りが続くようなら適宜水を与えてあげるようにする。

害虫や病気

びわを庭先で栽培する場合は、そこまで気にする害虫もいない。

まれにがん腫病、灰斑病といった細菌性の病気を患うことがあるので、被害の出た部分は拡大しないように早めに剪定してやる。

3. びわの収穫

びわは冬場に花が咲き、実がなるが、放っておくとたくさんの実が出来てしまい、ひとつひとつの味が弱くなってしまう。

そのため多すぎる実は、実がしっかり大きくなりきる前に摘果して間引いておく。こうすることでしっかりとしたサイズの味の濃いびわを楽しめるだろう。また秋口あたりにつぼみが付きはじめるが、この段階でつぼみの数を減らしておくことができることも覚えておいて損は無い。摘果がすんだら鳥に食べられて実が減らないようにビニールなどで実を守ってあげることもひとつの工夫だ。

摘果や摘蕾の頻度や量は、品種や成長度合いにもよるので一概にはいえないが、実をつけるようになってきたら色々と試して一番好みの味の実ができるように調整していくのも果実を栽培することの楽しみだと言えるのではないだろうか。

結論

びわはガーデニング、フルーツの栽培としては比較的難易度は低い。基本的には放っておいても生育するし、味にこだわりたくなったら摘果や剪定をいろいろと試してみればよいので初心者にも向いている。

なにかフルーツを育ててみたいという方はまずびわに挑戦してみてはどうだろうか。お子さんの誕生やなにかの記念日などの節目に植えるのもオススメだ。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

びわの育て方、種まきから栽培法までを学ぶ

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)