「魚肉ソーセージ」賞味期限は?おすすめ保存法を徹底紹介

 包装フィルムに詰められた魚肉ソーセージは、その見た目からも長期保存可能な食品だというイメージを持っている人が多いだろう。実際にその賞味期限を見てみると3か月ほどに設定されていることが多い。では、開封後はどうなのだろうか。

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし
魚肉ソーセージの保存方法とは?賞味期限やおすすめの保存法を徹底紹介
  • 魚肉ソーセージの保存方法とは?賞味期限やおすすめの保存法を徹底紹介

オリジナルサイトで読む >

魚肉ソーセージの保存方法とは?賞味期限やおすすめの保存法を徹底紹介

包装フィルムに詰められた魚肉ソーセージは、その見た目からも長期保存可能な食品だというイメージを持っている人が多いだろう。実際にその賞味期限を見てみると3ヵ月ほどに設定されていることが多い。では、開封後はどうなのだろうか。ここでは、魚肉ソーセージの賞味期限や保存方法にスポットを当てて、紹介しよう。

1. 魚肉ソーセージの賞味期限

■魚肉ソーセージの賞味期限とは

スーパーなどで販売されている魚肉ソーセージは、製造過程で高温高圧で加熱殺菌されており、包装フィルムで外気に触れないように作られているため、常温で90日ほどは保管できるように作られている。ただし、開封後は外気に触れる状態となってしまうため、その日のうちに使い切るようにしよう。

2. 魚肉ソーセージの保存方法

■常温で保存

魚肉ソーセージは包装フィルムに中身を詰めた状態で、高温高圧で加熱殺菌されているため、包装フィルムを開けない限りは常温保存が可能になっている。直射日光が当たらず、温度変化の緩やかな湿気の少ない場所で保存を。また、長期保存というと冷凍保存が良いと考える人もいるかもしれないが、魚肉ソーセージの場合、冷凍保存をすると、含まれている水分が氷の結晶となり、風味が損なわれ、食感も悪くなる。さらにフィルムが破損してしまうおそれもある。魚肉ソーセージは常温で保存しておくのがよいだろう。

■使いきれなかった魚肉ソーセージの保存

包装フィルムを開封後、使いきれずに残ってしまった魚肉ソーセージは常温ではなく冷蔵庫に入れておく。ただし、フィルム開封後は傷みやすいため、その日のうちに食べてしまわなければならない。また、フィルム開封後の魚肉ソーセージも冷凍保存には適していない。魚肉ソーセージは包装フィルム未開封の状態であれば、長期保存可能な食品であるが、開封してしまうとすぐに消費しなければならない食品なのだ。

■魚肉ソーセージの包装フィルムの色

市販されている魚肉ソーセージの多くは、包装フィルムの色がオレンジ色になっている。その理由は、直射日光による劣化を防ぐためだ。オレンジ色が使われているのは、魚肉ソーセージそのものの色に近い色だったためと言われている。現在は、魚肉ソーセージのほとんどはスーパーなどの適切な場所で陳列されているが、発売当初は直射日光の当たる軒先などで販売されることも多かったことから、現在でもその名残で色のついたフィルムが使われていることが多い。

結論

魚肉ソーセージは長期保存可能な食品であり、なおかつ栄養価も高い食品であることから、普段の食卓だけでなく、非常食などで用意しておくのにも適した食品だと言える。ただし、開封後は日持ちしないことや、冷凍保存に適していないことを考えると、開封後は全て使い切るように考えて利用しなければならないとも言えるだろう。

魚肉ソーセージが栄養満点?魚肉ソーセージの栄養素について

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

魚肉ソーセージの保存方法とは?賞味期限やおすすめの保存法を徹底紹介

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)