初夏が旬「さくらんぼ」 冷蔵庫or冷凍庫、保存はどっち?

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし

冷蔵庫、冷凍庫保存?さくらんぼを上手に保存する方法
  • 冷蔵庫、冷凍庫保存?さくらんぼを上手に保存する方法

オリジナルサイトで読む >

冷蔵庫、冷凍庫保存?さくらんぼを上手に保存する方法

初夏に旬を迎えるさくらんぼ。とてもデリケートなフルーツで、美味しく食べられる期間は収穫からわずか2~3日。もし期限内に食べられない場合は、保存方法を工夫すると長持ちする。ここでは一般的な保存法から最長1ヶ月美味しく食べられる裏ワザを紹介する。

1. さくらんぼの保存方法

さくらんぼは傷みやすいので、基本的に収穫後の長期保存はできない。また、特に温度変化と乾燥に弱いので、買ってきた当日に食べきるのが正解だ。

もし食べきれないときは、乾燥しないように新聞紙など吸湿性のある紙に包んで、冷暗所で保存をするとよい。

さくらんぼは食べるまでの時間によって保存方法が異なる。買ってきた日のうちに食べるなら、冷蔵庫に入れずに冷房のきいた部屋に置いておこう。食べる直前に冷水でサッと冷やせば美味しく食べられる。冷蔵庫で冷やすのなら20~30分程度がベスト。それ以上入れておくと味が落ちるので冷やし過ぎには要注意だ。

常温保存の場合は購入後2日以内には食べきろう。

2. 冷蔵保存の方法と保存期間

さくらんぼは冷蔵保存することもできるが、5度くらいから果肉が硬くなる。長期で冷蔵保存すると味と酸度が落ち、旨みもなくなるので、基本は常温保存で冷蔵庫に入れるのは食べる直前が望ましい。

ただし、さくらんぼは温度変化に弱いので、クール便で届いた場合は、温度を一定に保つために冷蔵保存する方がよい。

さくらんぼを冷蔵庫に入れるときは野菜室がおすすめだ。野菜室は冷蔵室に比べて温度も湿度も高いので、さくらんぼの保存には適している。しかし、保存できる期間はあくまでも通常2~3日。長期保存はできないので早めに食べきろう。

3. 冷凍保存の方法と保存期間

さくらんぼは常温でも冷蔵でもせいぜい保存期間は2~3日。それより長く保存をしたいときは冷凍保存をする手もある。

さくらんぼを一旦冷凍すると、解凍しても元の状態には戻らないが、そのまま口に含めばシャーベット感覚で楽しむことができる。凍らせたままサイダーやカクテルに氷代わりに入れると見た目もキレイだ。半解凍すればゼリーやアイスクリームのトッピングにも使える。

冷凍保存の方法は、さくらんぼを軽く水で洗って、キッチンペーパーで水気を切る。軸をとって密封容器に入れて冷凍庫に入れればOK。凍らせれば1~2ヶ月は保存できるので、贈答品で沢山もらって食べきれないときに試してみよう。

■さくらんぼのカルピス漬け

さくらんぼを冷凍保存するなら、さくらんぼのカルピス漬けにもチャレンジしてみよう。実はネット上でも激ウマスイーツとして話題のレシピなのだ。

作り方は至って簡単。さくらんぼを洗って軸を取り水気を切ったら、カルピスの原液に漬けて、チャック付き保存袋か密封容器に入れて凍らせるだけ。

チャック付き保存袋に入れるときは、横にして凍らせるとさくらんぼ同士がくっつかないので上手に冷凍できる。

カルピスは冷凍しても完全に凍ることはないので、シャーベット状のカルピスの中でさくらんぼだけが凍る。さくらんぼは凍らせると水っぽくなるが、この方法だとその心配はない。

むしろカルピスの味がよく染み込むので酸味も甘味もクリアになり、より一層美味しくなる。夏の暑い日のおやつにおすすめの1品だ。

結論

さくらんぼは冷暗所に保管をした場合日持ちするのは2日程度。冷蔵庫で長時間冷やすと味が落ちるので、買ってきたら冷房のきいた部屋に置いて、食べる直前に冷水で冷やすか20~30分冷蔵庫で冷やすのがベスト。3日以上保存するときは冷凍保存がおすすめ。カルピス漬けにすると美味しく保存できる。話題のレシピなので、さくらんぼが余ったらぜひ試して欲しい。

大量に果物を買った時に使える!コンポートの作り方と保存

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

冷蔵庫、冷凍庫保存?さくらんぼを上手に保存する方法

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)