神話や伝説に登場、果実「サジー」とは?

 ギリシャ神話やジンギスカン伝説にも登場するというサジーをご存知だろうか。日本ではまだ知名度の低いグミ科の植物で、果実のジュースをいただくものだ。高い栄養素を含むサジーを紹介しよう。

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし
眠れる巨人と称される果実「サジー」をジュースで
  • 眠れる巨人と称される果実「サジー」をジュースで

オリジナルサイトで読む >

眠れる巨人と称される果実「サジー」をジュースで

ギリシャ神話やジンギスカン伝説にも登場するというサジーをご存知だろうか。日本ではまだ知名度の低いグミ科の植物で、果実のジュースをいただくものだ。高い栄養素を含むサジーを紹介しよう。

1. サジーの厳しい生育環境と200を超える栄養素!?

サジーは、高山や砂漠、寒暖の差が激しい地域でも力強く生息する植物だ。多くの棘があり、厳しい環境でも深く広く根を張り生き延びる生命力の強さを持っている。日本では北海道の一部にしか自生していない植物だそう。サジーの果実の収穫期は9月~10月だが、収穫した果実の表皮は柔らかいため大変傷みやすい。また、果実の近くには布を簡単に貫いてしまうほどの鋭くて長い棘があるので、収獲は非常に困難で高コストとなってしまう。
サジーに含まれる栄養素は200種類以上ともいわれ、代表的なビタミン、カロテン、鉄分の他にも9種類の必須アミノ酸を全て含んでいる。必須アミノ酸は体内で合成されないので、食品から摂取する必要があり、必須アミノ酸全てを含んでいるサジーのような食材は貴重だ。

2. サジーを美味しく摂り入れる方法

サジージュースは強い酸味があり、原液のまま飲むのはあまりオススメできない。さっぱりといただくなら、炭酸水で割るのがベストだが、割るベースによっては酸味が和らぎまろやかに飲むこともできる。驚かれるかもしれないが、乳酸菌飲料で割ると、甘さと酸味のバランスが絶妙で美味しいし、豆乳や牛乳で割ると酸凝固という現象が起こり、とろみが出て飲むヨーグルトのような喉ごしになる。お好みで野菜ジュースやリンゴジュースに入れてもさっぱりするので、いつものドリンクの栄養強化という意味でもサジーは優秀だ。子供用には、ヨーグルトに混ぜ、やや多めの蜂蜜をかけると食べやすい。

結論

まだ知名度は高くないとはいえ、様々なサジージュースが日本にも出回っているし、量は少ないがサジーオイルも販売されている。栄養補給として毎日の習慣にしてみてはいかがだろうか。

ミラクルフルーツが他の食材を甘く感じさせる原理とは!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

眠れる巨人と称される果実「サジー」をジュースで

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)