7/20は「ハンバーガーの日」親子で一緒に基礎勉強

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし

7/20はハンバーガーの日!子どもと一緒にハンバーガーを楽しもう
  • 7/20はハンバーガーの日!子どもと一緒にハンバーガーを楽しもう

オリジナルサイトで読む >

7/20はハンバーガーの日!子どもと一緒にハンバーガーを楽しもう

「ハンバーガーの日」という日があることをご存知だろうか?初めて聞いたという人も多いかもしれない。実はこのハンバーガーの日は、1995年に制定された記念日なのだ。今回は、ハンバーガーの日の由来や歴史を紐解くとともに、今話題のハンバーガーについても紹介していこう。

1. なぜ7/20がハンバーガーの日なのか?

まずは、ハンバーガーの日の由来についてみていこう。ハンバーガーと言えば、ファストフードが思い浮かぶという人もいるだろう。そのファストフードの最大手、マクドナルドが1971年に東京・銀座に日本第1号店をオープンしたのが7/20なのである。東京銀座三越1階にオープンしたマクドナルドには、開店当日なんと1万人を超える客が殺到したようだ。そんなマクドナルド銀座店の25周年を記念して制定されたのが、7/20のハンバーガーの日なのである。

2. ハンバーガーの歴史とは?

ここで、ハンバーガーの歴史についても触れておこう。ハンバーガーの由来については諸説あるが、最も有力なのが「セントルイス万国博覧会」で生まれたという説である。1904年にアメリカで開催された「セントルイス万国博覧会」の会場で、丸いパンにハンバーグを挟んだものをハンバーガーという名称で販売した。これがハンバーガーの始まりといわれている。その後ハンバーガーは広く知られるようになり、今や世界中で愛される食べ物となった。
日本にやってきたのは、戦後間もない頃といわれている。佐世保などの米軍基地の周辺で米軍向けに作られていたハンバーガーが、次第に地元の人達にも広まっていった。その後、1970年にドムドムハンバーガーが日本初となるハンバーガーショップをオープン。翌年にはマクドナルド銀座店もオープンし、ハンバーガーは急速に日本に浸透した。テリヤキバーガーやライスバーガーのような日本独自のハンバーガーも登場し市民権を得たハンバーガーは、今やファストフードの代表的存在となっている。

3. 7/20に子どもと一緒にハンバーガーを楽しんでみる

マクドナルドが制定したハンバーガーの日に、子どもと一緒にハンバーガーを楽しんでみるのもいいだろう。子どもが喜ぶファストフードもいいが、今トレンドのグルメハンバーガーに挑戦してみるのもおすすめだ。
数年前からアメリカの人気ハンバーガー店の日本上陸が相次いでいる。それらのハンバーガー店で提供されているのが、ボリューミーかつフォトジェニックなグルメハンバーガーなのである。バンズにはさまざまな具材が挟まれていて、食事としての満足度が高い。また、調理法にこだわり、手間ひまかけて作られている。そのため、値段も1000円~2000円と高めである。高級志向のハンバーガーと言えるだろう。
グルメハンバーガーは、いつものファストフードとはまた違う楽しみ方をすることができそうである。子どもも、初めてみるハンバーガーに「わぁ!すごい!」と歓声を上げて喜んでくれるのではないだろうか?
ランチのイメージが強いハンバーガーだが、ビールとともにディナーとして楽しむのもなかなかいいものだ。家族でアメリカンなディナーを囲んでみるのもよさそうだ。

結論

今や子どもからも大人からも愛されている人気食、ハンバーガー。定番のファストフードのハンバーガーから、トレンドのグルメハンバーガーまで種類もさまざまだ。ハンバーガーの日に、子どもと一緒に旨いハンバーガーを探しに行くのもいいだろう。肉や野菜、シーフードなど好きな材料を買い込んで、我が家だけのオリジナルハンバーガーを作ってみるのも面白いかもしれない。それぞれの楽しみ方で、7/20のハンバーガーの日を過ごしてみてはいかがだろう。

どうジャッジする?ハンバーガーは一体どこの国で生まれたのか?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

7/20はハンバーガーの日!子どもと一緒にハンバーガーを楽しもう

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)