緑茶・中国茶・紅茶…世界のめずらしい「お茶」めぐり

 健康食への意識も高まり、世界でも日本のお茶を飲む人が増えている。ヘルシーさや飲みやすさは、海外でも好評のようだ。日本のお茶の中でも、珍しいものはあるが、日本から離れてみると、世界は広いとしか言いようのない変わったお茶が存在する。

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし
いくつ知ってる!?世界の珍しいお茶巡り
  • いくつ知ってる!?世界の珍しいお茶巡り

オリジナルサイトで読む >

いくつ知ってる!?世界の珍しいお茶巡り

健康食への意識も高まり、世界でも日本のお茶を飲む人が増えている。ヘルシーさや飲みやすさは、海外でも好評のようだ。日本のお茶の中でも、珍しいものはあるが、日本から離れてみると、世界は広いとしか言いようのない変わったお茶が存在する。お茶は大きく分けると、緑茶・中国茶・紅茶に分けることができるが、今回は気候や風土が相まって誕生した世界の珍しいお茶を特徴別に紹介したい。

1. 色合いが特徴的なお茶

■オータムナル

インド生産される約半分はアッサムである。収穫される時期によって、水色の変化が楽しめる。オータムナルは、秋ごろに収穫されたもので、水色が深紅である。やや渋みが強くなるが、ミルクティーにすると芳醇な香りが一層引き立つ。ちなみに、アッサムで一番美味しいとされるのが、オータムナルの収穫前のシーズンの、セカンドフラッシュである。

■ハイビスカスティー

紅ルビー色で、酸味が特徴である。エジプトでは、カルカデと呼ばれている。ビタミンとクエン酸、カリウムを多く含む、暑い国ならではのお茶である。ハイビスカスという名前がついているが、実はローゼルという花である。日本では沖縄で栽培されており、11月~12月が出荷のピークだ。

■ピュアダージリン

数あるダージリンの中でも、インド西ベンガル州ダージリンで生産されたものだけを、ピュアダージリンと呼ぶ。一番茶は貴重で、バラ・スズランといった花の香りがする。水色は鮮やかな橙色が特徴的で、味は渋めである。

2. お茶は薬?世界の甘い茶

■アッツアイ

モロッコのアッツアイは、ミントをふんだんに使った苦甘いお茶だ。1杯当たりに使う砂糖は10g前後だからかなり甘い。こちらの地域は、料理に砂糖を使う文化がないため、お茶の時間に甘いものを摂る。特徴的なのは、お茶を高い位置から、グラスに注ぐスタイル。砂漠のある国ならではで、注ぐと気泡が立ち、飛んでくるホコリが混じっても簡単にすくい取れ、飲みやすい温度になる。

■アーティチョーク茶

ベトナムでは、蓮茶も有名であるが、アーティチョーク茶も忘れてはならない。アーティチョーク茶は、苦みが好きな人は癖になる味だ。肝臓によく効くとされていて、お酒好きには欠かせないお茶なのだ。

■テチュ茶

乾燥させたなつめの実をじっくりと煮込み、たっぷりの砂糖・はちみつで漬け込んだものに、お湯を注いで飲むお茶である。生のなつめの果実は、リンゴのような風味・食味がある。漢方にも使われている。

3. まるまる食べることができるお茶

■八宝茶

中国のお茶で具材は各家庭によって異なる。基本となる具材は、主に中国緑茶・干しブドウ・菊花・サンザシ・クコの実・氷砂糖の6種類に、杏子・ジャスミン・なつめ・陳皮・ハマナス・白きくらげなどあるものを入れる。日本では、お茶に入っている具を食べる風習はあまりないが、漢方でも使われる具材が入っているので、飲んだ後に食べることもできる。

■ラペソー

ミャンマーのお茶の発酵食品である。ニンニクや干しエビなどで漬け込んだものだ。お茶うけにつまんだり、ほかの野菜などと和えれば、おかずにもなる。やや酸味がある。

4. フレーバーティーの元祖

フレーバーティーは、花や果物などのエッセンスをつけたもの、ピールを茶葉に混ぜたものである。今でこそたくさんの種類が出ているが、元祖のフレーバーティーは、大変高価なものであった。ちなみに、人気があるフレーバーティーは、ピーチやパッションフルーツ・レモン・オレンジなどである。

■ラプサンスーチョン

紅茶を発酵させるときに、何度も松の煙で燻製させ香りをつけた紅茶である。ラッパのマークでおなじみの整腸剤の香りがする。このラプサンスーチョンが作られている中国福建省のプイサンは、初めて紅茶が作られた場所といわれている。

■アールグレイ

紅茶にミカン科の植物のベルガモットの香りをつけたものである。アールグレイは、ラプサンスーチョンの香りつけの製法を参考にして作られた。

■バニラティー

バニラの香りをお茶につけたものである。ストレートでも甘いバニラのよい香りが楽しめるが、ミルクティーにするのがおすすめだ。

結論

お茶の歴史は、中国から全世界に広まり、各国で独自の変化をとげた。流通が盛んになった今、日本にいても世界の珍しいお茶を楽しむことができる。お茶業界は、右肩上がりの市場であり、今後さらに多様化していくだろう。自分好みのお茶で、特別なひとときを味わってみてはどうだろうか。

世にも不思議な食べるお茶?乳酸菌も含んでいる!?タイの噛み茶・ミアン

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

いくつ知ってる!?世界の珍しいお茶巡り

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)