8月20日は「ワインの日」由来はフランス語がヒント

 1年365日のほとんどに制定されている記念日。伝統的に続く日や新しく決められた日など多種多様だ。そのなかで、「ワインの日」は毎月20日に制定されている。今回は、ワインの日の由来について紹介しよう。

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし
毎月20日はワインの日!制定された理由は?
  • 毎月20日はワインの日!制定された理由は?

オリジナルサイトで読む >

毎月20日はワインの日!制定された理由は?

テレビやラジオで「今日は○○の日です」と聞くことがあるだろう。1年365日のほとんどに記念日が制定されていて、伝統的に続く日や新しく決められた日など多種多様だ。そのなかで、「ワインの日」は毎月20日に制定されている。今回は、ワインの日の由来について紹介しよう。

1. ワインの日は日本ソムリエ協会が制定

毎月20日はワインの日だ。記念日には、クリスマスやバレンタインデーなど世界共通の日も数多くあるが、ワインの日は日本独自の記念日である。1994年に一般社団法人日本ソムリエ協会によって制定された。なぜ、20日になったのだろうか?これにはフランス語が関わっている。

■ワインと20の関係

日本では、ブドウから造られたお酒をワインと呼ぶ。ワインは英語で、フランス語では「vin(ヴァン)」と呼ばれている。この発音が、数字の20のフランス語である「vingt(ヴァン)」と似ていることで、毎月20日がワインの日に制定されたのだ。フランス語を使用するフランスは、ワイン製造の歴史が古く、有数のワイン消費国でもある。そのようなことから、フランス語のワインと20を掛けてワインの日となった。

■語源はラテン語

フランス語vinの語源はラテン語で、ブドウから造ったお酒を意味する「vinum(ヴィヌム)」である。ラテン語を語源とする言葉はほかにもあり、ヨーロッパの国々のワインを表す言葉を見ていこう。

<ワインを表す言葉>
  • フランス語:vin(ヴァン)
  • ドイツ語:wein(ヴァイン)
  • イタリア語・スペイン語:vino(ヴィノ)
  • ポルトガル語:vinho(ヴィニョ)

スペルや読み方をみると、英語の「wine(ワイン)」に近いことがわかる。英語のワインも、ラテン語を語源とする言葉から発展していったと考えられている。

2. ほかにもある!ワインの記念日

日本ソムリエ協会が制定したワインの日以外にも、日本独自の記念日がある。一部を紹介しよう。

■2月2日「南アフリカワインの日」

食品・酒類の卸売・商社の国分グループ本社株式会社が制定し、2018年に一般社団法人日本記念日協会に認定されたばかりの新しい記念日。名前の通り、南アフリカワインを日本に広く伝える目的で作られた。日付の由来は、南アフリカのケープで、初めてのワインが作られたと記録されていることからだ。

■6月2日「イタリアワインの日」

イタリア大使館とイタリア貿易振興会が制定。2007年にイタリアのワインを日本にPRするために定められた。1946年6月2日にイタリア共和国が建国されたことに由来する。

■9月8日「スペインワインの日」

スペインワイン協会が制定。スペインのワインの認知度向上を目的として定められた。スペインでワイン法が定められた日が1932年9月8日だったことに由来している。

3. 日本でも盛り上がる!ボージョレヌーボー解禁日

記念日ではないが、ワインのイベントとして毎年盛り上がるのがボージョレヌーボーの解禁日だ。毎年11月の第3木曜日に解禁となり、日本でもカウントダウンして盛り上がりを見せる。

■解禁日の由来

ボージョレヌーボーとは、フランスのワインの産地、ボージョレで作られた新酒(ヌーボー)のことだ。何年も寝かせて熟成させるワインもあるが、ボージョレヌーボーは、その年に収穫されたブドウを仕込み、同年に出荷するフレッシュさを味わうワインだ。1800年代からフランスでは親しまれており、1967年にフランス政府が11月15日を解禁日として制定した。しかし、固定した日にすると、レストランが休みとなる土日などに重なることがあり、売れ行きに影響がでるため、現在の第3木曜日に制定したのだ。

■日本でブームになった時期

日本では、1980年代のバブル期にブームが起こる。世界の国の中で時差の関係から日本が1番早く飲めることもブームのきっかけだ。また、酒店だけでなく、コンビニやスーパーでも取り扱われ、手に入りやすいことも影響しているだろう。数年前と比べると出荷量は減っているが、解禁日になるとチーズなどと並べたコーナーも作られ、毎年の行事として定着している。

結論

毎月20日のワインの日は、フランス語のワインと数字の20を掛けて制定された。そのほかにもワインに関わる日があり、どの記念日もワインを広く知ってもらうために定められたものだ。

イタリア版ボージョレヌーボー!?「ノヴェッロワイン」は10月30日解禁!投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

毎月20日はワインの日!制定された理由は?

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)