納豆に砂糖?唐辛子?地方の食べ方いろいろ

 中には毎日納豆を食べているという人もいるほど、日々の食事にもなじみ深い納豆。納豆は古くは貴重なたんぱく源として、その食べ方を工夫されてきたこともあり、郷土料理として親しまれている地域も多くある。地方による納豆の食べ方を紹介しよう。

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし
納豆に砂糖をかける?納豆の食べ方、地方による違い
  • 納豆に砂糖をかける?納豆の食べ方、地方による違い

オリジナルサイトで読む >

納豆に砂糖をかける?納豆の食べ方、地方による違い

中には毎日納豆を食べているという人もいるほど、日々の食事にもなじみ深い納豆。納豆は古くは貴重なたんぱく源として、その食べ方を工夫されてきたこともあり、郷土料理として親しまれている地域も多くある。地方による納豆の食べ方を紹介しよう。

1. 納豆に砂糖をかけて食べる?

北海道や東北地方では納豆に砂糖をかけて甘くして食べることがあるという。ある調査によると、4人に1人くらいの割合で、納豆に砂糖を加えて食しているそうだ。砂糖は保水性が高く、納豆の粘りを何倍にも増幅する効果があるようだ。納豆の糸がふんわりと粘り、食感をよくするのである。また、納豆特有の臭みも砂糖によって消されて、納豆が苦手な人にとっては食べやすくもなる。

納豆は20度を超えるあたりから菌の繁殖が活発となるため、寒さの厳しい北海道や東北地方では、温度が足りないと発酵が進まず、糸の引きも悪くなってしまう。そんな納豆の糸引きを砂糖で補うというのが、納豆に砂糖を入れるようになった要因とされる1つの説である。

また、北海道や東北地方では味付けがほかの地域よりも甘いものが多く、納豆に砂糖を加えるのも自然の流れだったのではないか、という考え方もある。

砂糖の量は好みによるが、甘いのが好きな人はどっさり入れているようだ。初めて食べる場合には、納豆1パックに対してスプーン半分くらいの砂糖を加えてよく混ぜ、かくし味的に使うことがおすすめだ。また、しょうゆや添付のタレも加えると、通常の納豆のように食べやすくなる。甘い納豆に抵抗がある場合は、ほんの1つまみの砂糖を加えてよく混ぜてみよう。ふんわりとした納豆が病みつきになるかもしれない。

2. 納豆餅いろいろ

納豆餅とは、餅に納豆をまぜた郷土料理で、山形県や宮城県などの東北地方ではポピュラーな食べ方だ。納豆と餅の組み合わせを基本形として、各家庭や個人で好みの食べ方があり、さまざまなバリエーションがある。

納豆餅のいろいろな食べ方を紹介しよう。まずは基本的な納豆餅の作り方から。

1.納豆に添付のタレを加えて、泡立つほどにしっかりと混ぜて粘りを出す。
2.切り餅をゆでる。トースターで軽く焼いてから熱湯にくぐらせてまわりをやわらかくしてもOK。表面が柔らかい方が、納豆がからみやすい。
3.皿に餅を盛り付け、上から納豆をかける。餅をあらかじめ一口大にカットしてから加熱して、納豆に混ぜ込むようにすると食べやすくなるため、子ども向けにはおすすめ。

・砂糖を入れて甘めに仕上げる。
・大根おろしを入れておろし納豆もちに。大根おろしを加える事で納豆独特の粘りが減りさっぱりといただける。
・青海苔をかけて風味アップ。
・添付のタレではなく、しょうゆやポン酢をかけると違った味わいに。
・ねぎやのりを加えるとさらにおかず感が増す。
・漬物やキムチを加えて。軽食にもぴったりだ。
・チーズやケチャップをプラスして、ピザ風味に。

いろいろな納豆餅の食べ方を試して、好みの味を探してみよう。

3. 納豆と郷土料理

納豆の食べ方は日本全国さまざまだ。前項で紹介した以外にも、全国各地に納豆のご当地グルメがたくさんあるので紹介しよう。

例えば、納豆に麹、塩水、場所によっては漬物や昆布などを加えて発酵熟成させた「塩辛納豆」は、日本各地に伝わる郷土料理となっている。

山形県:五斗納豆

納豆に麹、塩、七味唐辛子やしょうがなどの薬味類や昆布を加えて発酵させて作る。その昔、仕込みに五斗入る大樽を使った、または材料を五斗仕込んだことから、この名がつけられたといわれている。

茨城県:そぼろ納豆

納豆に切り干し大根を加えて、しょうゆなどの調味料で漬け込んだ惣菜。各家庭の味があり、こだわりのレシピが伝承されてきたが、現在では納豆メーカーでもラインナップがあるほどポピュラーになりつつある。

新潟県魚沼地方:きりざい

魚沼地方には、納豆に野沢菜漬けやにんじん、大根といった野菜を混ぜて作られる「きりざい」と呼ばれる郷土料理がある。雪国では冬場のたんぱく源は非常に貴重であったため、ごちそうだった納豆を大切に食べるために生まれた食べ方であるとされている。

納豆汁

山形県をはじめとして一部の東北地方の郷土料理として家庭で食べられてきた味噌汁の一種。納豆をすり鉢でくだき納豆ペーストを作って味噌汁へ投入して食す。

結論

納豆は実はさまざまな食べ方があることを紹介した。毎日のように食べていても、食べ方はいつも同じ、もしくは数種類のレパートリーしかないという人も多いだろう。たまにはいつもと違った食べ方を試してみるのも、納豆の美味しさを再発見する機会になるかもしれない。

納豆でカルシウムが摂取できるの?納豆雑学付き投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

納豆に砂糖をかける?納豆の食べ方、地方による違い

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)