似ているようで違うもの!?しらたき、糸こんにゃく、くずきり、チャプチェ、マロニー

 しらたき、糸こんにゃく、くずきり、チャプチェ、マロニーは、どれも透明感があり、麺のような形状だが、似ているとはいえ、その用途や調理法はそれぞれ異なる。これらの違いを原材料などから詳しく解説していこう。

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし
似ているようで違うもの!?しらたき、糸こんにゃく、くずきり、チャプチェ、マロニー
  • 似ているようで違うもの!?しらたき、糸こんにゃく、くずきり、チャプチェ、マロニー

オリジナルサイトで読む >

似ているようで違うもの!?しらたき、糸こんにゃく、くずきり、チャプチェ、マロニー

しらたき、糸こんにゃく、くずきり、チャプチェ、マロニーと聞くと、どれも透明感があり、麺のような形状で、どこがどう違うと詳しく言える人は少ないのではないだろうか。当然似ているとはいえ、その用途や調理法はそれぞれ異なる。これらの違いを原材料などから詳しく解説していこう。

1. しらたきについて

■しらたきの原材料

しらたきの原料は、こんにゃくと同じこんにゃく芋。こんにゃく芋をすりつぶしたもの、もしくはこんにゃく芋を乾燥させて粉状にしたものを水に溶かしたものに、水酸化カルシウムを加えて、熱湯の中に細長く出したものを固めて作られている。

■糸こんにゃくとの違い

しらたきと糸こんにゃくの違いは、実は呼び名が違うだけで、基本的には同じものだ。白いものをしらたき、黒いものを糸こんにゃく、というイメージを持っている人も多いかと思うが、黒い糸こんにゃくはこんにゃくらしく見せるために、海藻粉末を混ぜているものが多い。昔は生のこんにゃく芋を使用してこんにゃくが作られていたため、芋の皮などの影響でもともと黒っぽい色をしていたが、現在は粉末状にしたものを使われることが多いため、基本的には白いこんにゃくが出来上がる。また、見た目以外にも関東ではしらたき、関西では糸こんにゃくと呼ばれることが多いようだ。

■しらたきの調理法とおすすめ料理

しらたきはそのまま調理して食べることもできるが、アク抜きをおこなうことでより美味しく食べることができる。しらたきのアクを抜くには沸騰させたお湯で煮こぼすか、塩もみを行うとよい。煮こぼす場合は、1分ほど沸騰したお湯で煮たら、一度お湯を捨て、再度同じことを繰り返す。塩もみをおこなうな場合は、多めの塩でもみ込み、塩を流水で洗い流したら、沸騰したお湯で煮る。

しらたきは、基本的にはどのような料理にも合う食材だ。肉じゃがやすき焼きなどに入れることも多く、甘辛く煮付けたり、きんぴらのように炒り煮にしても美味しい。また、ダイエット目的でパスタの代わりにに使っている人も多い。

2. くずきりについて

■くずきりの原材料

くずきりの原材料は、その名の通り、マメ科の植物である葛(クズ)が原材料となっている。葛の根のデンプンから作られた葛粉を水で溶き、それを煮立たせて板状に固め、細く切って作る。

■くずきりの調理法とおすすめ料理

くずきりを鍋などに入れて使う場合は、あらかじめ少し茹でておいたものを使用する。また茹でたくずきりを冷やした後に、黒蜜などをかけてデザートとして食べるのもおすすめだ。冷やして黒蜜で食べるというと、トコロテンを連想する人も多いと思うが、トコロテンは、海藻が原材料となっているため、くずきりとは似て非なるものである。

3. チャプチェについて

■チャプチェの原材料

実はチャプチェという食材はない。というよりも、そもそもチャプチェとは、はるさめを牛肉や野菜などと一緒に甘辛く炒めた料理の名前である。はるさめは、緑豆のデンプンを原材料として作られたもの。緑豆というとあまり馴染みがないかもしれないが、緑豆もやしの種子として使われている。また最近では緑豆ではなく、じゃがいもやさつまいものデンプンを原材料に使っているはるさめも増えてきている。

■はるさめの調理法とおすすめ料理

はるさめは乾燥加工されているので、基本的には水やお湯で戻してから調理する。はるさめもしらたきと同じように、さまざまな料理法に合う食材だ。肉や野菜などと炒めたり、スープに入れても美味しい。また、はるさめサラダのように冷たい状態で食べても美味しくいただける。

4. マロニーについて

■マロニーの原材料

マロニーの原材料は、じゃがいものデンプンにとうもろこしのデンプンを配合したもの。また、マロニーはマロニー株式会社が独自に製造、販売している商品のため、詳しい製造方法などは公開されていない。原材料からも、糸こんにゃくやくずきり、はるさめとは異なるものだということはわかる。ただ、はるさめの中にはじゃがいものでんぷんを使っているもの、とうもろこしのデンプンであるコーンスターチを使っているものもあるため、どちらかというとはるさめに近いものだとは言えるだろう。

■マロニーの調理法とおすすめ料理

マロニーは乾燥したものと生マロニーが売られているが、乾燥したものは一度茹でてから使用する。また、鍋に入れる時などは乾燥したものをそのまま入れても良い。マロニーは鍋の具材に使ったり、スープに入れても美味しい。サラダや和え物にもよく合う。また、肉じゃがなどの甘辛く炊いたものに加えるのもおすすめだ。また、はるさめともよく似ているため、マロニーでチャプチェを作っても美味しくいただける。

結論

しらたきと糸こんにゃくは同じもの、はるさめとマロニーはよく似たものだが、原材料は全く違うし、食感もそれぞれ異なる。このように、見た目はよく似ているが、まったく違う食材というものは多いため、きちんとその特性と用途知ってから、調理をしよう。

買う前に知るべき!【こんにゃく】の正しい保存方法投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)
《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)