ソーセージのさらに美味しい食べ方を紹介

 大人から子どもまで、みんな大好きなソーセージ。相性のよい料理や調味料、おすすめの焼き方や茹で方などを紹介する。

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし
大人も子どもも大好きなソーセージ!さらに美味しい食べ方を紹介
  • 大人も子どもも大好きなソーセージ!さらに美味しい食べ方を紹介

オリジナルサイトで読む >

大人から子供まで、みんな大好きなソーセージ。さまざまな調理法や味付けで調理されているが、今回はは相性のよい料理や調味料、おすすめの焼き方や茹で方などを紹介したい。

1. ソーセージの食べ方

■ソーセージに合う料理

冷蔵庫の中にあれば、どんな料理にもアレンジできるソーセージ。ボイルしたソーセージをオーブントースターで焼いたパンにはさめば朝食にぴったりなホットドックができるし、パンの代わりにマヨネーズと一緒に海苔巻きの具にしてもうまい。そのほかにも刻んでチャーハンに入れても良いし、ひき肉の代わりにコロッケに入れたり、パスタのソースに使っても、香辛料の香りがアクセントになり、普段とは違った美味しさになるのでおすすめだ。コンソメスープやポトフに入れるとうまいように、和風の鍋にいれてもソーセージの良いダシがでて意外と合う。まさに、ソーセージはオールマイティーな食材だと言えるだろう。

■ソーセージに合う調味料

外食した際にソーセージを頼むと付いてくる調味料と言えば、ケチャップとマスタードが主流だろう。しかし、それ以外にも付けて食べると美味しい調味料はたくさんある。マヨネーズやタルタルソースなどもおすすめだし、わさび醤油などの和風タレにつけてもうまい。また、コチュジャンやスイートチリソースなどの特徴的な調味料も良く合う。ケチャップとマスタードのスタンダードな味に飽きたら、自分好みの調味料を探してみるのも面白い。

2. ソーセージを美味しく調理する

■ソーセージの美味しい焼き方

美味しいソーセージと言えば、やはり皮がパリッ、中から肉汁がジュワッという焼き加減。最高に美味しくソーセージを焼き上げるおすすめの方法を紹介しよう。

まずはフライパンにソーセージと一緒に50ccほどの水を入れて強火にかける。水分がなくなるまで炒めたら出来上がりだ。これはどこかで見たことのあるような焼き方だと思った人もいるだろう。そう、餃子の焼き方によく似ている。餃子も皮がパリッ、中から肉汁がジュワッが一番うまい。「餃子焼き」で最高のソーセージを味わおう。

■ソーセージの美味しいボイルの仕方

茹でても美味しいソーセージ。ベストな仕上がりにする方法を紹介しよう。大き目の鍋にいっぱいのお湯を沸かしてお湯が沸騰したら火加減を弱めにしてソーセージを投入。3分ほど茹でると、中の脂肪分が溶け出して皮が張り、皮がパリッ、中から肉汁がジュワッの美味しい状態が完成する。

また、ソーセージを茹でる際に1リットルのお湯に対して、ティースプーン1杯分の塩を入れて「塩茹で」にするとさらに美味しくいただける。もっと美味しさにこだわりたいのであれば、少々手間だがお湯の温度にも気を使うといいだろう。沸騰させたお湯で茹でるとソーセージの旨み成分が外に流れてしまう恐れもあるため、ベストな温度は80ほど。ぜひ試していただきたい。

■ソーセージを電子レンジで簡単調理

ソーセージを手軽に食べる一番の方法は、電子レンジを使って温めてしまうことだ。ただし、その場合、温めすぎて皮が破れてしまいがちだ。美味しく電子レンジて加熱するためには、まず、つまようじなどで軽く皮に穴を開けておくとよい破裂することなくソーセージを温めることができる。温める時間の目安はソーセージ2~3本なら500Wで30秒~40秒ほどがいいだろう。ただし皮に開けた穴から肉汁が染み出してしまうことや、肉が縮んでしまいやすいという欠点がある。そのため、本当にソーセージを美味しく調理したいのであれば、焼くか、ボイルするかがおすすめ。朝の忙しい時や時間がない時に電子レンジを使うと良いだろう。

結論

どんな料理法にも合い、さまざまな調味料との相性もバッチリなソーセージ。焼いたりボイルして食べたりすることはもちろん、いろいろな料理に活用しやすい食材のため、ソーセージを使った自分だけのオリジナルレシピ作りに挑戦してみてはいかがだろうか。

ソーセージとウィンナーの違いとは?さらにはハムとの違いとは?投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:
管理栄養士 南城智子(なんじょうさとこ)

大人も子どもも大好きなソーセージ!さらに美味しい食べ方を紹介

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)